2018年02月10日

平昌五輪−長野県勢 結果速報!(その4)

2018年 平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)がいよいよ開幕ー(長音記号2)

2月10日(土)の夜に実施された、ショートトラック 女子500m 予選。
長野県勢(長野県関係選手)から、菊地家5姉妹の末娘(五女)、菊池純礼(きくちすみれ)選手が出場目

4人で走る予選3組に出場した菊地選手は、抽選で不利な大外からのスタート。
さらにスタートダッシュにも失敗して、結果は4着に終わり、準々決勝には進めませんでしたもうやだ〜(悲しい顔)

菊池純礼選手の話
『ブレードの調子が悪かったとはいえ、あそこまで離されるのは加速力を修正し切れていなかったということ。』

また、同じ2月10日(土)の夜に実施された、ショートトラック 女子3000mリレー 予選には、菊池純礼選手とともに、姉(三女)の菊池悠希(きくちゆうき)選手も出場るんるん

ショートトラック女子300メートルリレー予選に、日本は、斎藤仁美(オーエンス)、菊池純礼、伊藤亜由子(トヨタ自動車)、菊池悠希(ANA)の布陣で、予選第2組に出場しましたが、
最後方4番手のまま迎えたレース中盤、菊池悠希が前にいたイタリアの中継を終えた選手と接触。中国、イタリア、オランダに離され、最下位に沈んでしまいましたもうやだ〜(悲しい顔)

結果は4着に終わり、決勝進出はならず、5〜8位決定戦に回ることになりましたダッシュ(走り出すさま)

女子3000mリレー 5-8位決定戦は、2月20日(火)20時23分〜ですexclamation

菊池純礼選手、菊池悠希選手は、これ以外にも、
2月17日(土)19時00分〜 ショートトラック 女子1500m
2月20日(火)19時00分〜 ショートトラック 女子1000m
にも出場が予定されていますグッド(上向き矢印)

菊池悠希(きくちゆうき) 選手プロフィール
日本スケート連盟
長野県南佐久郡南相木村 出身
1990年7月24日生まれ(27歳)
菊地家5人姉妹の三女。オリンピックは初出場。
小海中学校、小諸商業高校、立教大学卒業。全日空(ANA)所属。

菊池純礼(きくち すみれ) 選手プロフィール
wikipedia
長野県南佐久郡南相木村 出身
1996年1月15日生まれ(22歳)
菊地家5人姉妹の末娘となる五女。オリンピックは初出場。
小海中学校、小海高校を経て、2013年にトヨタ自動車に入社。




posted by 佐野川 at 22:39| Comment(0) | 日記

2018年02月09日

平昌五輪−長野県勢 結果速報!(その2)

2018年 平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)がいよいよ開幕ー(長音記号2)

夜に開会式が行われた2018年2月9日(金)の昼間、開会式に先立って開催された、
スキーフリースタイル男子モーグルexclamation

長野県勢(長野県関係)から出場の、西伸幸(にしのぶゆき)選手(32)は、
モーグル予選1回目で16位となり、惜しくも決勝進出を逃し、予選2回目に回ることになりましたあせあせ(飛び散る汗)

モーグルの予選2回目は、2月12日(月)19時30分〜行われますグッド(上向き矢印)

IOCが事前に公式SNSで紹介した映像で、西選手が被っていたニット帽が「旭日旗に似ている」と韓国メディアが報じられ、ニュースになっていましたが、ちょっと動揺が働いたかもしれません。
帽子はスイスで買ったものということで、【特に何も考えていなかった。僕の中では悪いという認識がなかった』と話しています。
韓国の応援団は、日本固有の領土「竹島」を韓国地図に記した国旗を掲げておきながら、うるせーパンチ

西選手、そんな小さいことさっさと忘れて、予選2回目に集中・集中左斜め下

西 伸幸(にし のぶゆき) 選手プロフィール
wikipedia
神奈川県川崎市 出身
1985年7月13日生まれ(32歳)
中学までは川崎市に居住しながら千葉県のららぽーとスキードームSSAWSで技術を磨き、高校は長野県白馬高等学校へ進学。
白馬高校在学中に、ジュニアナショナルチームに選出され、2003年フリースタイルスキージュニア世界選手権で優勝。

【主な競技成績】
2010年バンクーバーオリンピック
 男子モーグル(決勝) 9位
2014年ソチオリンピック
 男子モーグル(決勝) 14位




posted by 佐野川 at 15:40| Comment(0) | 日記

2018年02月08日

平昌五輪−長野県勢 結果速報!(その1)

2018年 平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)がいよいよ開幕ー(長音記号2)

長野県勢(長野県関係)の出場選手のうち、トップバッターとして登場する予定だった、ノルディックスキー・ジャンプの竹内択選手。

ジャンプ競技の予選会は、開会式が行われる2018年2月9日(金)の前日、2月8日(木)から始まりました。
しかし、その前日の7日に行われた公式練習の結果、ノーマルヒル(ヒルサイズ=HS109メートル)予選に出場する選手から、竹内択選手は外され、葛西紀明(45=土屋ホーム)選手が出場することになりました。
日本勢は、葛西選手のほか、小林潤志郎(雪印メグミルク)、弟の小林陵侑(土屋ホーム)、伊東大貴(雪印メグミルク)が選ばれています。
残念もうやだ〜(悲しい顔)

竹内択選手は、今後、以下の種目にも出場が予定されていますグッド(上向き矢印)
2月16日(金)21時30分〜のラージヒル
2月19日(月)21時30分〜団体

竹内 択(たけうち たく) 選手プロフィール
wikipedia
長野県飯山市 出身
1987年5月20日生まれ(30歳)
長野県飯山市立飯山第一中学校を卒業後、2003年からフィンランドに単身留学。
日本へ帰国後の2006年から北野建設に所属。
弟の竹内寿もスキージャンプ選手であり、現在はホリプロ所属の俳優。

【主な競技成績】
2010年バンクーバーオリンピック
 個人ノーマルヒル 34位
 個人ラージヒル 37位
 団体 5位(伊東大貴、竹内択、栃本翔平、葛西紀明)
2014年ソチオリンピック
 個人ノーマルヒル 24位
 個人ラージヒル 13位
 団体ラージヒル 3位(清水礼留飛、竹内拓、伊東大貴、葛西紀明)



posted by 佐野川 at 23:21| Comment(0) | 日記

2018年02月07日

平昌五輪−長野県勢 出場選手は?

平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)がいよいよ開幕雪

開催期間は、2018年2月9日(金)〜2月25日(日)ですが、開会式前から競技種目によっては予選が始まっています!

そこで、リオ五輪に続き、ピョンチャンオリンピックでも長野県出身の郷土選手を応援しよう!わーい(嬉しい顔)

今回の冬期五輪に出場する長野県関連の選手は、以下の27人の選手グッド(上向き矢印)

【スピードスケート】8    【ショートトラック】3
 一戸誠太郎選手        神長汐音選手
 ウイリアムソン師円選手    菊池純礼選手
 加藤条治選手         菊池悠希選手
 菊池彩花選手             
 小平奈緒選手
 高木菜那選手
 長谷川翼選手
 山中大地選手

【ジャンプ】2        【ノルディック複合】2
 岩渕香里選手         渡部暁斗選手
 竹内択選手          渡部善斗選手

【モーグル】2        【スノーボード】3
 西伸幸選手          今井胡桃選手
 渡部由梨恵選手        鬼塚雅選手
                藤森由香選手

【カーリング】5       【スケルトン】2
 清水徹郎選手         小口貴子選手
 平田洸介選手         高橋弘篤選手
 両角公佑選手
 両角友佑選手
 山口剛史選手

→ 長野県「平昌オリンピック」特設ページ

それでは、皆さんの活躍を応援しつつ、成績をお伝えしていきたいと思いますー(長音記号2)



posted by 佐野川 at 08:03| Comment(0) | 日記

2018年01月04日

ブラタモリで、タモさん・鶴瓶師匠が眺めた場所は!?

正月2日の夜に放送された
NHK「ブラタモリ」と「鶴瓶の家族に乾杯」が合体コラボした、特別番組
「初夢スペシャル 〜富士山・三保松原〜」TV

そこで、平安から室町時代にかけて、人々が「浄土庭園」に見立てて、
神様仏様が宿る日本一の霊山「富士山」と、その手前に浮かぶ島として「三保松原」が見える景色を大変有り難がったという理由を探りに、
タモリさんと鶴瓶さんら一行が訪れた、有度山の茶畑の場所が分かりました!
20180104miho2.jpg


グーグルストリートビューで見ることが出来る、まさにこの場所でしょう!
20180104miho.jpg



posted by 佐野川 at 08:36| Comment(0) | 日記

2017年12月27日

「ひよっこ紅白特別編」で披露される、幻のストーリーとは!?

毎年、大みそか恒例の、NHK「紅白歌合戦」(12月31日、日曜日)TV

今年はなんと、以前には紅白には絶対に出ないと思われていた、サザンオールスターズの
桑田佳祐さんが、再び紅白に出場することが決定!
桑田さんの紅白への出場は、ソロとしては第61回以来、2回目となります。
楽曲はもちろん「若い広場」。
カウントダウンライブを行う「横浜アリーナ」から、中継だそうです。

がらくた (通常盤)

新品価格
¥3,200から
(2017/12/27 16:08時点)


桑田さんと言えば、今年前半のNHK朝の連続テレビ小説「ひよっこ」の、
主題歌「若い広場 (オリジナル歌手:桑田佳祐)」を担当。

もちろん、紅組司会者で、ひよっこのヒロイン、有村架純ちゃんとの絡みもある事でしょうるんるん

その流れからか、特別企画として、「ひよっこ 紅白 特別編」の制作が決定!だそうですわーい(嬉しい顔)

「ひよっこ」の幻のストーリーが、紅白の中で明らかに!?(脚本:岡田惠和)

果たして、幻のストーリーとは、何か?

私的には、以前このブログに書いて、かすりもしなかった予想ネタの復活が望まれるところです手(チョキ)

→ 川本世津子のモデルは、吉永小百合だった!?
  【第2弾】川本世津子のモデルは、有働アナだった!?(←こっちは冗談です)

→ 「ひよっこ」の今後予想!その2、川本世津子の親族現る!?

→ 「ひよっこ」、時子のコンテスト・ファッションは、みね子の考えた新制服!?

乞うご期待exclamation&question

連続テレビ小説 ひよっこ 完全版 ブルーレイ BOX1 [Blu-ray]

新品価格
¥10,072から
(2017/12/27 16:21時点)



posted by 佐野川 at 16:22| Comment(0) | 日記

2017年12月14日

白馬五竜で初滑り、今年は昨年に比べ雪も豊富!

今シーズンの初滑りに、白馬五竜・HAKUBA47に行ってきましたグッド(上向き矢印)

白馬五竜は、以前は「五竜とおみスキー場」と呼ばれていましたが、
HAKUBA47と一体運営されるようになってからだったか、「白馬五竜」となり、
今年から、日本初のスキー場ネーミングライツ権をエイブルが取得し、
エイブル白馬五竜」という名前になったそうですexclamation

とは言え、普段使う名前は、「五竜」だけかと・・・あせあせ(飛び散る汗)

HAKUBA47も、正式名は「Hakuba47 ウインタースポーツパーク」と言うらしいですが、何時まで経っても後半の名前は覚えられませんパンチ

さて、今年の五竜スキー場、
12月半ば前だというのに、スキー場の雪は「たっぷり」というのは言い過ぎかもしれませんが、
それでもこの時期に、ゲレンデにブッシュが出ている様な所は一か所もなく、
ゴンドラの頂上から麓まで、ほぼ全てのコースが既にオープンexclamation×2

チャンピオンエキスパートコースも、昨シーズンは1月下旬になってようやく解放されたのに、
今シーズンは既に滑れて、
少し柔らかいコブが出来始めた所で、私のレベルにはQ-98のファット目のスキーで滑るのに、ちょうどよい状態で、ベリーGOODるんるん

白馬の町中は、田んぼは真っ白ですが、それほど積雪量は多くありません。
道路は、ほぼクリアです。

今週末は、スキー客でにぎわいそうですねわーい(嬉しい顔)

下の写真は、昨シーズン(今年の正月1/6)と、今シーズンの12/14の、五竜スキー場から白馬村を見下ろした写真の比較。

20171214hakuba.jpg

posted by 佐野川 at 17:16| Comment(0) | 日記

2017年12月13日

入来院さん、沈壽官さんって、いったい何者?

「何物?」とは失礼な言い方ですが、他によい表現が思い浮かばず、何卒ご容赦をたらーっ(汗)


先日、NHK「鶴瓶の家族に乾杯」という番組を見ていたところTV
(12月11日放送、『幸せをありがとう 20周年スペシャル』)

2012年に、鶴瓶さんが鹿児島県薩摩川内市(さつませんだいし)を旅した際に、殿様の末裔の家があると聞き訪ねてみると、当時81歳の入来院(いりきいん)重朝(しげとも)さんと出会います。

『珍しい名前だな〜』と思って番組を見ていると、
この方、年齢の割には矍鑠(かくしゃく)としていて、
話しぶりは、最初、ぞんざいで偉そうな物言いに聞こえたのですが、
しばらく話を聞いていると、鶴瓶さんよりだいぶ年長ではありますが、名跡を継ぐ落語家の笑福亭鶴瓶師匠をちゃんと評して称えながらの、親しみある話しぶりであることが分かってきました。


奥さんの貞子(ていこ)さんに先立たれ、『特に夕方になると、寂しいを通り越して悲しい』と訴えると、鶴瓶さんと日本酒「極上吉乃川」で杯を交わすことに。

鶴瓶さんは、一升瓶からぐい呑みに酒を注ぎながら、『ほな、一杯だけいきますわ。ほんま、そんなに仰山入れたら やらしいですからね』と言いますが、大きなぐい呑みに、結構なみなみと注いでいますわーい(嬉しい顔)

早々と、ぐい呑みを空にした鶴瓶さん、ぐい呑みをかざしながら、『これも、いいアレですね〜』と褒めます。

重朝さんが、『これはね〜、壽官(じゅかん)焼きつって、沈壽官(ちん じゅかん)、焼物師でいるだろ、茶碗屋が!』と言うと、

鶴瓶さん、『僕はね、沈壽官さんをめちゃ知っているんですよ』とひらめき

この出会いの4年前、2008年に鶴瓶さんが鹿児島県日置市を旅した際に、たまたま鶴瓶さんがトイレを借りに訪ねた施設で出会ったのが、十四代・沈壽官(ちんじゅかん)さんでした。

そこで、この二人が知り合いだと知った鶴瓶さん、沈壽官さんに電話して、重朝さんと電話を代わると、二人とも奥さんに先立たれた者同士、思い出話と慰めに話が弾みます。

ここからが本題・・・

重朝さんの話す言葉の端々に、『ご愁嘆で』とか、『鶴瓶さんが来たもんだから、私は欣喜雀躍でね』とか、聞きなれない難しい言葉がポンポンと出てきます・・・あせあせ(飛び散る汗)


【愁嘆/愁×歎】しゅう‐たん〔シウ‐〕

1 なげき悲しむこと。悲嘆。「わが身の悲運を―する」
2 「愁嘆場」の略。(デジタル大辞泉より)


【欣喜雀躍】きんき-じゃくやく

小躍りするほど大喜びをすること。
「欣」「喜」はともに喜ぶ意。「雀躍」は雀すずめがぴょんぴょんと跳ね行くように喜ぶこと。(新明解四字熟語辞典より)



そこで、ふと、
『この 入来院重朝さんって、いったい何者? と、思った次第ですexclamation

ググってみると、以下のワシモ(WaShimo)さんこと、下土橋渡さんのホームページに、奥さんの入来院貞子さんのことが書かれていて、その文面から、「入来院」氏のことを探ることが出来ましたひらめき

 → レポート『故入来院貞子さんと薪能』

入来院氏の由来に関する部分を抜粋させてもらうと、
「入来院氏は、鎌倉時代、関東の豪族として、現在の東京・渋谷に城を持ち、相模の国(現在の神奈川県)に勢力をもっていた渋谷氏が、鎌倉幕府から薩摩国の入来院などの諸郷を与えられて下向し、後に入来院と名乗るようになったのが始まりです。戦国時代を乗り切って薩摩藩を確立した島津義久、関ヶ原敵中突破で有名な義弘兄弟の母は、入来院の出でした。
夫で庶流入来院当主の入来院重朝(しげとも)さんが・・・(以下略)」


ウィキペディアにも説明があります。
「入来院氏(いりきいんし、いりきいんうじ)は、桓武平氏、秩父氏の流れを汲む日本の氏族。渋谷氏の支流。」


へぇぇぇ、知らなんだ・・・たらーっ(汗)

ちなみに、「庶流」(しょりゅう)とは、『庶子の系統』、つまり、『本家から分かれた家柄。分家。別家。』のこと だそうです。。。

そうなると、次に気になるのは、
沈壽官」(ちんじゅかん)氏って、どこの誰で、いったいどんな人?あせあせ(飛び散る汗)


こちらも、ウィキペディアにも掲載されており、本にもなっている、有名な人でした・・・ふらふら

沈壽官(ちん じゅかん / シム スグァン(심수관))は、鹿児島県の薩摩焼の陶芸家の名跡。
薩摩焼の苗代川系(苗代川焼)に属し、初代・沈当吉の末裔である沈家の明治以降(第12代以降)の当主によって襲名されている。(Wikipediaより)


とっても勉強になりましたTV





posted by 佐野川 at 19:59| Comment(0) | 日記