2018年02月25日

平昌五輪(最終)−長野県勢 結果速報!

2018年 平昌冬季五輪(ピョンチャンオリンピック)が、あっという間に過ぎ去ろうとしていますもうやだ〜(悲しい顔)

最終日の2月25日(日)には、
ノルディックスキー距離・女子30kmクラシカル、カーリング・女子決勝(スウェーデン 対 韓国)、アイスホッケー・男子決勝(OAR 対 ドイツ)、ボブスレー・男子4人乗り決勝(3・4回戦)、フィギュアスケート・エキシビションが行われた後、
閉会式となります失恋

長野県勢(長野県出身の選手および長野県関係の選手)が出場する競技種目は、すべてが、2月24日(土)で終了・・・

しか〜し、なんと、なんと、なんと、目
またしても金メダルがexclamation×2

【スピードスケート女子】
木菜那(たかぎなな)選手(北海道出身、日本電産サンキョー所属)
 マススタート 1位(金メダルわーい(嬉しい顔)

新種目のマススタートの女子決勝で、高木菜那(日本電産サンキョー)選手が優勝し、初代の金メダリストとなりました手(チョキ)
高木菜那選手は、団体追い抜きに続いて今大会二つ目の金メダルを獲得。オリンピックで日本の女子選手が同一大会で「金」2個を手にするのは、夏季・冬季オリンピックを通じて、史上初の快挙グッド(上向き矢印)

【スピードスケート男子】
ウイリアムソン師円(ういりあむそんしえん)選手(北海道出身、日本電産サンキョー所属)
 マススタート 11位手(グー)

ウイリアムソン師円選手は終盤の優勝争いに着いていけず、11位に終わりました。
ウイリアムソン選手の話:『タフなレースで自分ができることはできた。新しいことに挑戦していかないと最後の最後で競り勝てない。全力疾走してきた結果がこれ。悔いはない。』






posted by 佐野川 at 06:57| Comment(0) | 日記

2018年02月24日

平昌五輪(15日目)−長野県勢 結果速報!

2018年 平昌冬季五輪(ピョンチャンオリンピック)の15日目、
2月23日(金)に実施された競技の結果。

長野県勢(長野県出身の選手および長野県関係の選手)が
今日もオリンピックに出場るんるん

【スピードスケート 】
長谷川翼(はせがわつばさ)選手(北海道出身、日本電産サンキョー所属)
 男子1000m 20位ふらふら

山中大地(やまなかだいち)選手(川上村出身、電算所属)
 男子1000m 24位ふらふら




posted by 佐野川 at 09:31| Comment(0) | 日記

2018年02月22日

平昌五輪−2/22(木)の長野県選手の競技予定!

ピョンチャン冬季オリンピックは早くも14日目。
残すところ、あと4日だけとなってしまいましたあせあせ(飛び散る汗)

2月22日(木)の競技予定TV
長野県勢(長野県出身選手および長野県関係の選手)の出場予定はexclamation&question

【ノルディック複合】
渡部暁斗(わたべあきと)選手(白馬村出身、北野建設所属)
渡部善斗(わたべよしと)選手(白馬村出身、北野建設所属)
(日本チームは、渡部兄弟のほかに、永井秀昭(岐阜日野自動車)と山元豪(ダイチ)が出場)
 男子団体(ジャンプ) 2月22日(木)16時30分〜
 男子団体(距離) 2月22日(木)19時20分〜

【スノーボード女子】
藤森由香(ふじもりゆか)選手(長和町出身)
鬼塚雅(おにつかみやび)選手(熊本県出身、星野リゾート所属)
 ビッグエア決勝 2月22日(木)9時30分〜




posted by 佐野川 at 07:18| Comment(0) | 日記

平昌五輪(13日目)−長野県勢 結果速報!

2018年 平昌冬季五輪(ピョンチャンオリンピック)の13日目、
2月21日(水)に実施された競技の結果。

長野県勢(長野県出身の選手および長野県関係の選手)、
今日も頑張ってくれていますグッド(上向き矢印)

そして、なんと、なんと目
またしても金メダルわーい(嬉しい顔)

【スピードスケート女子】
スピードスケート団体追い抜き 1位(金メダル
 高木菜那(たかぎなな)選手(北海道出身、日本電産サンキョー所属)
 高木美帆選手(北海道出身)
 佐藤綾乃選手(北海道出身)
 (準決勝メンバー)菊池彩花(きくちあやか)選手(南相木村出身)

決勝戦は日本対オランダの対戦。日本は、高木美穂、佐藤綾乃、高木菜那の3人で出場。
両チームとも半周13秒台で突っ込んだ高速レース。素早く隊列を整えた日本が序盤はリードしたが、1500mの金メダリスト、ブストをエースに全員がメダリストのオランダが残り4周からは先行した。しかし日本はあわてることなく、「三つ子」のように脚をそろえ、スムーズな先頭交代。オランダが残り3周を過ぎたところから13秒台から14秒台へ、最後は15秒台と大きくラップを落としたのに対し、日本は中盤以降14秒台半ばをキープ。終盤に日本のエース高木美穂が先頭に立ちチームを引っ張ると、14秒台前半にラップを上げる強さ。最終的には1秒59の大差をつけ圧勝グッド(上向き矢印)
タイムは、五輪新記録の2分53秒89。オランダを破り、金メダルを獲得しました。
日本の金メダルは今大会3個目。長野県勢からは、先のスピードスケート女子500mで史上初の女子スピードスケートで金メダルを獲得した小平奈緒(こだいらなお)選手(茅野市出身、相澤病院所属)に続き、高木菜那(たかぎなな)選手(北海道出身、日本電産サンキョー所属)が金メダルを獲得!
なお、日本チームには菊池彩花(きくちあやか)選手(南相木村出身)も入っており、菊地選手は準決勝でメンバーとして出場しカナダを撃破。日本の決勝進出を果たした立役者となりました手(チョキ)


【カーリング】
スポーツコミュニティー軽井沢クラブ
 カーリング男子総当たり戦(最終戦)
 男子1次リーグ(9戦目) 韓国 対 日本 10対4で敗退(第8エンドで日本がギブアップ)

日本が先攻の第6エンド。得点圏に韓国の石が3つある中で迎えたスキップ両角友の第2投が、既にある日本のストーンに当てて円心近くに持っていくことを狙ったが、逆に日本の3つのストーンを弾き出してしまうミスショット。これにより、韓国に大量4点を奪われてしまいます。
日本が先攻の第8エンドにも、3点を奪われ、ここでギブアップふらふら
ここで勝たなければ決勝進出敗退となる大一番で、世界ランク8位の日本は、完全アウェーの開催国・韓国(同16位)に、まさかの大量失点を喫し、破れてしまいました・・・。
日本の1次リーグの戦績は、4勝5敗で、8位となり、4強による準決勝進出を逃して敗退が決まりましたもうやだ〜(悲しい顔)





posted by 佐野川 at 07:10| Comment(0) | 日記

2018年02月19日

平昌五輪−2/19(月)の長野県選手の競技予定!

ピョンチャン冬季オリンピックは早くも後半、12日目。

2月19日(月)の競技予定TV
長野県勢(長野県出身選手および長野県関係の選手)の出場予定はexclamation&question

【スピードスケート男子】
山中大地(やまなかだいち)選手(川上村出身、電算所属)
加藤条治(かとうじょうじ)選手(山形県出身、元・日本電産サンキョー所属)
長谷川翼(はせがわつばさ)選手(北海道出身、日本電産サンキョー所属)
 スピードスケート男子500m 2月19日(月)20時00分〜

【スピードスケート女子】
菊池彩花(きくちあやか)選手(南相木村出身)
高木菜那(たかぎなな)選手(北海道出身、日本電産サンキョー所属)
 スピードスケート団体追い抜き 2月19日(月)20時00分〜

【スキージャンプ】
竹内択(たけうちたく)選手(飯山市出身、北野建設所属)
 スキージャンプ男子団体 2月19日(月)21時30分〜

【フリースタイルスキー】
渡部由梨恵(わたべゆりえ)選手(北海道出身、白馬村スキークラブ所属)
 スキーフリースタイル女子ハーフパイプ 2月19日(月)10時00分〜

【スノーボード】
藤森由香(ふじもりゆか)選手(長和町出身)
鬼塚雅(おにつかみやび)選手(熊本県出身、星野リゾート所属)
 スノーボード女子ビッグエア 2月19日(月)9時30分〜





posted by 佐野川 at 07:12| Comment(0) | 日記

平昌五輪(11日目)−長野県勢 結果速報!

2018年 平昌冬季五輪(ピョンチャンオリンピック)は11日目、
2月18日(日)に実施された競技の結果。

長野県勢(長野県出身の選手および長野県関係の選手)、
今日も頑張ってくれていますグッド(上向き矢印)

【スピードスケート女子】
小平奈緒(こだいらなお)選手(茅野市出身、相澤病院所属)
 スピードスケート女子500m 1位(金メダル

スピードスケート女子1000mでは惜しくも2位の銀メダルだった、1000m世界記録保持者の小平選手。昨日は、国内外のレースで24連勝中、ワールドカップでも15連勝中と無敗の得意種目の500mに出場ダッシュ(走り出すさま)
後ろから3番目、14組のインスタートで滑った小平選手は、36秒94のオリンピックレコード(五輪新記録)をマーク手(チョキ)
次の15組で滑った、五輪2大会連続金メダルの韓国・李相花(イサンファ)選手は、37秒33で、残り1組となって小平選手のメダルは確定。
そして最終組の二人は、小平選手の記録にはとても及ばず、小平奈緒選手の金メダルが確定しましたわーい(嬉しい顔)
オリンピックのスピードスケート女子での金メダル獲得は、日本のスケート史上初の快挙グッド(上向き矢印)
男子を含めても、1998年の長野五輪で男子500mで金メダルを獲得した清水宏保選手に続き、2人目!

小平奈緒選手の話:『周りが何も見えないくらいうれしかった。全てが報われた。最初から集中して、自分の持ち味を出し切れた。躍動感あふれるレースができた。』

【カーリング】
スポーツコミュニティー軽井沢クラブ
 カーリング男子総当たり戦、6戦目)
 男子1次リーグ(5戦目) 米国 対 日本 2対8(第7エンドで米国がギブアップ)
 男子1次リーグ(6戦目) スウェーデン 対 日本 11対4(第8エンドで日本ギブアップ)

米国に快勝した日本「SC軽井沢」は、1次リーグ首位のスウェーデンに挑むも完敗。
これで3勝3敗となり、イギリスと並んで4位タイ。上位4チームだけが準決勝に進むことができますあせあせ(飛び散る汗)

【スピードスケート男子】
一戸誠太郎(いちのへせいたろう)選手(信州大学所属)
ウイリアムソン師円(ういりあむそんしえん)選手(日本電産サンキョー所属)
 スピードスケート団体追い抜き(1回戦) 5位(5-6位決定戦へ)

日本チーム(ウイリアムソン師円、一戸誠太郎、中村奨太)は、1回戦の滑りで3分41秒62で5位となり、上位4チームが進む準決勝進出は叶いませんでした。
日本は、2月21日(水)21時19分〜の男子団体追い抜き5-6位決定戦で、イタリアとの決戦で順位を争うことに手(グー)




posted by 佐野川 at 06:58| Comment(0) | 日記

2018年02月18日

平昌五輪−2/18(日)の長野県選手の競技予定!

ピョンチャン冬季オリンピックは早くも後半、11日目。

2月18日(日)の競技予定TV
長野県勢(長野県出身選手および長野県関係の選手)の出場予定はexclamation&question

【スピードスケート男子】
一戸誠太郎(いちのへせいたろう)選手(信州大学所属)
ウイリアムソン師円(ういりあむそんしえん)選手(日本電産サンキョー所属)
 スピードスケート団体追い抜き 2月18日(日)20時00分〜

【スピードスケート女子】
小平奈緒(こだいらなお)選手(茅野市出身、相澤病院所属)
 スピードスケート女子500m 2月18日(日)20時00分〜

【カーリング】
スポーツコミュニティー軽井沢クラブ
 カーリング男子総当たり戦(5戦目、6戦目)
 男子1次リーグ 米国 対 日本 2月18日(日)9時05分〜
 男子1次リーグ スウェーデン 対 日本 2月18日(日)20時05分〜




posted by 佐野川 at 07:29| Comment(0) | 日記

平昌五輪(10日目)−長野県勢 結果速報!

2018年 平昌冬季五輪(ピョンチャンオリンピック)は10日目、
2月17日(土)に実施された競技の結果。

長野県勢(長野県出身の選手および長野県関係の選手)も、
大勢の選手が出場るんるん

【ショートトラック】
神長汐音(かみながしおね)選手(南牧村出身、小海高校3年生)
 ショートトラック1500m予選 第6組の神長は6着で敗退もうやだ〜(悲しい顔)
神長汐音選手の話:『積極的なレースはできたが、そこにフォーカスしすぎて脚(の力)をためられなかった。4年後は勝てるようにレベルアップしたい。』

菊池純礼(きくちすみれ)選手(南相木村出身、菊地姉妹五女)
 ショートトラック1500m予選 第1組の3着で準決勝に進出るんるん
 ショートトラック1500m準決勝 第2組の菊池純は3着で決勝には進めず順位決定戦にあせあせ(飛び散る汗)
 ショートトラック1500m順位戦 最終11位手(チョキ)
第2組の菊池純は3着で決勝には進めず順位決定戦に手(チョキ)
順位決定戦では、5選手が8位から12位を争い、菊池は残り2周の終盤に転倒し最後尾の5着でゴールするも、この転倒がイタリア選手による妨害だと判定されて順位が繰り上がり、最終順位は11位となりました。
菊池純礼選手の話:『準決勝は決勝を狙えるレースだったが、一歩足りなかった。もうちょっと加速していけば足が届いていたと思う。』

菊池悠希(きくちゆうき)選手(南相木村出身、菊地姉妹三女)
 ショートトラック1500m予選 第4組で他の選手と接触により失格もうやだ〜(悲しい顔)
菊池悠希選手の話:『どこで失格になったのか全く分からなかった。冷静にレースを運ぶことができなかったということかもしれない。』

【カーリング】
スポーツコミュニティー軽井沢クラブ
 カーリング男子総当たり戦(4戦目)
 男子1次リーグ 日本 対 イタリア 6対5(勝利)手(チョキ)
日本はイタリアに6対5で競り勝ち、2勝2敗としましたグッド(上向き矢印)

【スケルトン女子】
小口貴子(おぐちたかこ)選手(石川県出身、丸善食品工業(=千曲市)所属)
 スケルトン女子(第3回戦) 19位
        (第4回戦) 18位
         (累積) 19位手(チョキ)
小口選手は、前日の1回戦(19位)、2回戦(18位)に続き、2日目の3・4回戦も19位と18位となり、最終順位は変わらず19位でした。
小口貴子選手の話:『4本目にベストタイムを出せたけど、それを最初から出せないのは実力不足。一つでも上の順位を狙っていた。充実感よりは悔しさでいっぱい。』

【スキージャンプ】
竹内択(たけうちたく)選手(飯山市出身、北野建設所属)
 ラージヒル1回目 27位(124.0m、114.1点)
 ラージヒル1回目 19位(125.5m、120.1点)
   合計    22位(234.2点)手(チョキ)
ラージヒル決勝に全員揃って出場した4人の日本勢のうち、竹内選手は、ノーマルヒル7位入賞の小林陵侑選手(258点)の10位に次ぐ22位でした。
小林潤志郎選手(224.8点)は24位。
史上最多8度目の冬季五輪出場となったソチ五輪銀メダルリスト、45歳の葛西紀明選手は、1回目に121メートルの107.9点で33位に終わり、2回目に進むことが出来ませんでした。




posted by 佐野川 at 07:20| Comment(0) | 日記