2018年12月18日

2018年下半期 「直木賞」 候補作発表

公共財団法人「日本文学振興会」は、2018年12月17日、第160回直木三十五賞の候補作を発表しました。

直木賞には、3度目のノミネートとなった森見登美彦さんの『熱帯』、2度目のノミネートとなった深緑野分さんの『ベルリンは晴れているか』、同じく2度目の垣根涼介さんの『信長の原理』など、5作品がノミネートされました。

選考会は来年2019年1月16日に、築地の料亭「新喜楽」で開催され、直木賞受賞作品が決まります。

1今村翔吾(いまむら しょうご) 『童(わらべ)の神』(角川春樹事務所)

2垣根涼介(かきね りょうすけ) 『信長の原理』(KADOKAWA)

3真藤順丈(しんどう じゅんじょう) 『宝島』(講談社)

4深緑野分(ふかみどり のわき) 『ベルリンは晴れているか』(筑摩書房)

5森見登美彦(もりみ とみひこ) 『熱帯』(文藝春秋)

童の神

新品価格
¥5,401から
(2018/12/18 21:01時点)




信長の原理

新品価格
¥1,944から
(2018/12/18 21:02時点)




宝島

新品価格
¥1,998から
(2018/12/18 21:02時点)




ベルリンは晴れているか (単行本)

新品価格
¥2,052から
(2018/12/18 21:03時点)




熱帯

新品価格
¥1,836から
(2018/12/18 21:03時点)




→ 『直木賞 歴代ノミネート作 一覧
http://www.ohtashp.com/topics/honya/naoki_nominate.html
posted by 佐野川 at 21:03| Comment(0) | 日記

2018年下半期「芥川賞」候補作発表

公共財団法人「日本文学振興会」は、2018年12月17日、第160回芥川龍之介賞の候補作を発表しました。

芥川賞には、ネットで注目を集めている、社会学者の古市憲寿さんの「平成くん、さようなら」など、6作品がノミネートされました!

選考会は来年2019年1月16日に、築地の料亭「新喜楽」で開催され、芥川賞受賞作品が決まります。

1上田岳弘(うえだ たかひろ) 『ニムロッド』(群像 12月号)

2鴻池留衣(こうのいけ るい) 『ジャップ・ン・ロール・ヒーロー』(新潮 9月号)

3砂川文次(すなかわ ぶんじ) 『戦場のレビヤタン』(文學界 12月号)

4高山羽根子(たかやま はねこ) 『居た場所』(文藝 冬季号)

5古市憲寿(ふるいち のりとし) 『平成くん、さようなら』(文學界 9月号)

6町屋良平(まちや りょうへい) 『1R(いちらうんど)1分34秒』(新潮 11月号)

平成くん、さようなら

新品価格
¥1,512から
(2018/12/18 20:53時点)




居た場所

新品価格
¥1,512から
(2018/12/18 20:53時点)




→ 『芥川賞 歴代ノミネート作 一覧
http://www.ohtashp.com/topics/honya/akutagawa_nominate.html
posted by 佐野川 at 20:54| Comment(0) | 日記

2018年12月15日

アンダーウェアに最適のダウン!

今年の春にバイクの免許を取り、
ようやく運転にも慣れて、さぁ乗りまくるぞ!と思っていると、

暑い暑い・・・で、ほとんど乗らずふらふら

ようやく暑さも和らいだと思ったら、今度は秋の長雨続きで乗れずがく〜(落胆した顔)

長雨がようやく落ち着いたと思ったら、もうすでに季節は秋バッド(下向き矢印)
山の上では紅葉真っ盛りとなり、バイクで出掛ければ、寒くて凍えそう・・・。

夏のメッシュジャケットしか持っていなかったので、慌ててスリーシーズン用のジャケットを買いましたが、それでも寒さはしのげず、温かいアンダーウェアを探していて、良いものを見つけましたexclamation

mont-bell(モンベル)の「スペリオダウン ラウンドネックジェケット」です。

800フィルパワー・EXダウンで、とても暖かいというのがウリですが、触った感触は、下着ぐらいの薄さ・・・がく〜(落胆した顔)
それなのに、値段は1万円ちょっとと、ユニクロのウルトラライトダウンの2倍以上もしますあせあせ(飛び散る汗)

しかし、これがインナーで着ると暖かい!。
アウターの襟元と干渉しにくい丸首タイプで、アウターのジッパーと干渉しないボタン留めなのも、憎らしいほどの心遣い。
あまりネットには出回っていないのが、長野の田舎では辛い所で、車で30分ほどかけて、「モンベル 長野店」で買ってきましたるんるん




バイク用だけでなく、バイクに乗らない冬にも、スキーウェアの下に着るには最適で、出番はますます増えそうですグッド(上向き矢印)
→ スキー・スノボウェアの下は何を着たらいい?
posted by 佐野川 at 21:02| Comment(0) | 日記

ようやく里にも雪が!

今年は暖冬で、スキー場では雪が降らないどころか、12月になっても気温も高く、人工降雪機すら回せない状態が続いていますふらふら

しかし、ようやく12月も半ばになって、本格的な寒気が入り込み、里にも初雪が積もりました!雪
20181215.jpg


とは言っても、少し坂を下り、千曲川沿いの暖かい場所では、太陽が出ているような状況で、本格的な冬の到来はまだまだみたい・・・たらーっ(汗)

ただ、ようやくスキー場にも恵の雪となり、ープンを延期していた多くのスキー場から、コースは限られますが、ようやくオープンの知らせが、続々と届いていまするんるん

→ 長野県内スキー場のオープン予定日 一覧

そうしたら、さっき、ようやく長野のゼビオから、早期予約で申し込んでいた、ロシニョールの板とフェニックスのウェアが入荷したとの知らせがひらめき

さっそく明日にでも、取りに行ってきて、来週はいよいよ、新しいスキー板とウェアで、初滑りるんるん

→ 【スキー板】2019 NEWモデル・ラインナップ|今年の注目モデルは?

【独自ポイント5倍★】【18-19 NEWモデル】ROSSIGNOL〔ロシニョール スキー板〕<2019>DEMO BETA Ti KONECT NX 12 KONECT DUAL B80 デモベータ【金具付き・取付送料無料】

価格:101,500円
(2018/12/15 20:45時点)




PHENIX/フェニックス スキーウェア ジャケット/PF872OT10(2019)

価格:54,432円
(2018/12/15 20:47時点)



posted by 佐野川 at 20:41| Comment(0) | 日記

2018年12月13日

2018/2019年ニューウェア発表会 今年のトレンドは?

全日本スキー連盟(SAJ)の「2018/2019 SNOW JAPAN 記者会見」が、10月29日(月)、東京恵比寿のエビススバルビル1階SUBARUショールームにて開催されました。

2019シーズンの開幕を前に、各競技からトップ選手が集結し、シーズンに向けた意気込みを語ってれました。
併せて、2018/2019年のSAJオフィシャルウェアも発表!

SAJオフィシャルウェアを提供しているサプライヤー・ブランドは、以下の通り。

1 Division.1(ジャンプ、コンバインド、クロスカントリー)
 MIZUNO(ミズノ)
2 Division.2(アルペン、スノーボードアルペン、デモンストレーター)
 DESCENTE(デサント)
3 Division.3(モーグル、エアリアル、スキー/スノーボードクロス)
 GOLDWIN(ゴールドウイン)
4 Division.4(スキー/スノーボード・ハーフパイプ、スロープスタイル、ビッグエア)
 AIR WALK(エアウォーク)

20181213.jpg


soon 【スノーボードウェア】 おすすめ人気ブランドはどれ?

soon 【スキーウェア】 オススメの人気ブランドはどれ?



posted by 佐野川 at 07:56| Comment(0) | 日記