2018年06月07日

タチアオイの花が咲き、梅雨入り

気象庁は6月6日、長野県を含む関東甲信地方が梅雨入りしたとみられると発表しました。
平年より2日早く、昨年より1日早い梅雨入りです。

我が家の庭では、タチアオイ(立葵)の花が咲きました!

長野県の北信にある当地では、
立葵の花が咲けば「入梅」立葵の花が終われば「梅雨明け」
と、言い伝えられています。

天気にまつわる言い伝えでは、『冠着山に雲がかかれば、明日は雨』と言われていますが、これが結構当ります。
それ以上に正確なのが、立葵の花。

どうやって、梅雨入り・梅雨明けが分かるのか、森朗さんの予想より精度が高そうですグッド(上向き矢印)

20180607.jpg
posted by 佐野川 at 16:49| Comment(0) | 日記

2018年03月19日

2018年プロ野球開幕、今年の始球式はだれ?

いよいよ、3月30日(金曜日)に、2018年シーズンのプロ野球ペナントレースが開幕しますexclamation

各球場での開幕の一大イベント、始球式のゲスト情報を集めてみましたわーい(嬉しい顔)

3月30日(金) 開幕日

マツダスタジアム
広島東洋カープ vs. 中日ドラゴンズ
(未だ不明

東京ドーム

読売ジャイアンツ vs. 阪神タイガース
 設楽悠太(マラソン選手、男子マラソン日本新記録保持)
  →イベント情報
  国歌斉唱は、「乃木坂46」選抜メンバー6人(キャプテン=桜井玲香、生田絵梨花、久保史緒里、白石麻衣、西野七瀬、山下美月)→イベント情報


横浜スタジアム
20180330yokohama.gif横浜DeNAベイスターズ vs. 東京ヤクルトスワローズ
 (始球式はたぶん無し)
 昨年より企画会社による音楽や花火などの演出イベントを開催。
 今年は、80台のドローン(小型無人機)や、最新の映像投影技術を駆使したド派手な空間演出を実施!
  →イベント情報


札幌ドーム

北海道日本ハムファイターズ vs. 埼玉西武ライオンズ
 高木菜那(スケート選手、平昌五輪2種目金メダリスト)
 (平昌五輪カーリング女子で銅メダルを獲得した「LS北見」の5選手によるビデオメッセージも披露)
  →イベント情報
  4/1 梨沙羅(スキージャンプ、平昌五輪銅メダリスト)
  4/7 木美帆(スケート選手、平昌五輪金銀銅メダリスト)


ヤフオクドーム

福岡ソフトバンクホークス vs. オリックス・バファローズ
 小平奈緒(スケート選手、平昌五輪金メダリスト)
  →イベント情報


ZOZOマリンスタジアム

千葉ロッテマリーンズ vs. 東北楽天イーグルス
 欅坂46(アイドルグループ)
 (今泉佑唯、小林由依、長濱ねるの3人が、1人1球ずつ)
  →イベント情報



4月3日(火) 2ndホーム開幕戦

ナゴヤドーム

中日ドラゴンズ vs. 読売ジャイアンツ
 市橋礼衣(2018ミス日本グランプリ)
 国歌独唱は、地元愛知県出身の女優で声優の戸田恵子さん
  →イベント情報
  4/4 ブルゾンちえみ(お笑いタレント)
   →イベント情報
  4/5 遼河はるひ(女優・タレント)
   →イベント情報


明治神宮野球場

東京ヤクルトスワローズ vs. 広島東洋カープ
 (4/3は未だ不明
 4/4 樽美酒研二(ゴールデンボンバーのメンバー)
  →イベント情報


メットライフドーム

埼玉西武ライオンズ vs. 福岡ソフトバンクホークス
 東尾修田淵幸一(元プロ野球選手)
  →イベント情報


楽天生命パーク宮城

東北楽天イーグルス vs. 北海道日本ハムファイターズ
 小田和正(シンガーソングライター)
  →イベント情報
 (1/4に永眠した星野仙一氏への追悼の意を表し、監督・コーチ・選手・スタッフ全員が「77」の背番号のユニフォームを着用して試合を行います)


京セラドーム大阪

オリックス・バファローズ vs. 千葉ロッテマリーンズ
 宮原知子(フィギュアスケート、平昌五輪日本代表)
  →イベント情報


阪神タイガースは、本拠地の甲子園球場がセンバツのため使えず、京セラドーム大阪もオリックスが使用するため、3カード目となる4月6日の中日戦(京セラドーム大阪)が最初の主催試合となります。甲子園球場での初戦は、4/10(火)の広島戦です。

4月6日(金) 阪神ホーム開幕戦

京セラドーム大阪


阪神タイガース vs. 中日ドラゴンズ
 桐生祥秀(陸上選手、リオ五輪4×100mリレー銀メダリスト)
  国歌斉唱は、ミュージカル女優(劇団四季)の苫田亜沙子さん
 →イベント情報





posted by 佐野川 at 19:50| Comment(0) | 日記

2018年03月18日

車山でのアルペン「スキーNEWモデル試乗会」に参加!

長野県車山高原SKYPARKスキー場で開催された、アルペン・スポーツDEPOの「2018-2019 スキーNEWモデル試乗&受注会」(3/17(土)〜3/18(日))に行ってきましたわーい(嬉しい顔)
スキー試乗会は、初参加です!
20180317.jpg


家を9時に出て、スキー場に着いたのは10時半。さすがに、ちと遠い・・・。

ここ最近の陽気で、スキー場周辺の雪はすっかり溶け、コースだけに雪が残る、完全な春スキーの様子ですが、もうそろそろ最後の週末とあり、駐車場は県外ナンバーを中心に結構な賑わい!
誘導されるがままに、私が車を停められたのは第3駐車場。
ゲレンデから歩くには、だいぶしんどそうな距離ですが、シャトルバスが5分くらいおきに出てくれて、さほど不便は感じませんでした!

でも、後から気が付いたのですが、日焼け止めを塗るのを忘れた・・・ふらふら
ゲレンデから今さら車に戻るのも面倒で、諦めるしかありませんー(長音記号1)

シャトルバスを降りて、周囲のゲレンデを見渡しますが、試乗会をしている様子は全くありません。
初めて訪れる車山スキー場。ひょっとして、他にも車山なんとかスキー場ってのがあって、会場を間違えたか? と心配に・・・あせあせ(飛び散る汗)

そこで、チケットセンターの女性にイベントの事を聞くと、丁寧に、向かいの建物の2階で受け付けしていると教えて貰いましたー(長音記号2)

会場を訪ねると、事前にインターネットで予約申し込みをしていたので、身分証明書の免許証を見せて、名簿でチェックしてもらうと、バーコードの付いた腕章と、試乗スキーの一覧リスト、注意書きの紙を渡されました。
私はつい、反対側のスキー板でビンディング踏んで外してしまうのですが、絶対NGだそうですたらーっ(汗)

受付が済んだら、さっそくゲレンデを登って、数十メートル先にあるレンタル会場へと!
(自分のスキー板は、受付会場のあった建物内に置いておきました。)
20180317_2.jpg


レンタル会場で、最初の一本を選び、スタッフに自分のブーツのソールサイズを伝え、ビンディングを調整してもらいます。
それが済んだら、レンタル会場の出口で、腕章とスキー板の2つバーコードをチェックしてもらったら、レンタルの手続きは終了!すぐ近くのリフト乗り場へGOダッシュ(走り出すさま)

しかし、ここで、ふと・・・
リフト券を買うのを忘れたパンチ
急いで受付会場のあった建物に戻り、1階のチケットセンターで、シニアの4時間券(3100円)を購入!

借りたスキー板を盗まれては大変と、急いでリフト乗り場に戻ると、駐車場は混雑していましたが、リフト待ちは数列あるのみで、特に不便はありません。でも、リフトの速度はゲロ遅い・・・。

当日は、気温も上がった快晴晴れ
前日には少し雨が降り、朝方はアイスバーンになったようですが、私が行った11時過ぎには、既にザクザク。
でも、時間が経つにつれて、逆にザラメ雪が飛ばされた中急斜面(とはいえ、たった数ターン分ですが)は、硬いバーンが出てくれましたひらめき

注意書きの紙には、試乗一本あたり、30分、リフト3本を目安に返却するよう書かれていましたが、私は、試乗会場横のリフトのみをメインに、2〜3回滑っただけで、様々なスキー板を取り替え、出来るだけ多くのスキーを試乗することにしました。

11時くらいから2時過ぎまでの3時間半ほどで、乗ったスキー板は、
シニアが終日、緩斜面〜急斜面、低速〜高速、コブ、リフト下と、様々に楽しめる、少し幅広の融通の利くスキー板』って視点から、

K2のCHARGER、SUPER CHARGER、TURBO CHARGER、小賀坂のUNITY U-SS/1、ケオッズのKS-CX、フィッシャーのPROGRESSOR F18、F19、再びK2スーパーチャージャー、再びフィッシャーF18、最後にHEADのSUPERSHAPE i.MAGNUMの、合計8種・10本。

半分くらい過ぎると、もう、どれがどれだか分からず・・・
さらに、最初はイイ感じと思っても、他の小回り板を乗った後に再び乗ると、回らないな〜と感じたりしてあせあせ(飛び散る汗)

とりあえず、今回は目星がついたからイイですが、乗り比べは数本に絞って、とっかえひっかえして再チェックを繰り返さないことには、どれがどうだったか、後から訳が分からなくなりそうですよわーい(嬉しい顔)

今回の試乗会で、自称1級の脚前のシニアの仲間入りした私が、楽しく様々なシチュエーションのゲレンデスキーを楽しめそうだと思った、おすすめのスキー逸品は、

フィッシャーの「プログレッサー F18るんるん
F19」も乗りましたが、もちろんそれなりの手応え、脚応えはあるも、楽しくゲレンデスキーを堪能するには、軽くてしなやかなF18で十分というか、F18の方がイイですexclamation
なにより、値段がぜんぜんお得ですふくろ
さらに、チョー軽いexclamation
ただ、試乗した板の長さが160cmで、167cmで無かったのが残念。

次は、K2の「チャージャー」(168cm)グッド(上向き矢印)
これまた、上位モデルの「スーパーチャージャー」(168cm)も試しましたが、確かにしっかり感はアップし、中回り用とはいえ小回りも出来て、これはこれでイイとは思いますが、自由の効く値段の安いチャージャーでも、十分に自分の期待に応えてくれますわーい(嬉しい顔)
一方、小回り用の「ターボチャージャー」(165cm)は、クルックル回り過ぎて、シニア向きではありませんふらふら
重さ的には、メタル無しのチャージャーとメタル1枚のターボチャージャーは同じくらい軽く、メタル2枚のスーパーチャージャーは重いな〜と感じます。とは言え、だいぶ軽くなっているんですけどね〜(汗)

何れも、旧モデル、あるいは一昨年モデルなら、5万円以下で買えそうなので、ラッキーるんるんと思ったのですが、スタッフに前モデルとの違いを確認すると、来期モデルと過去モデルでは、ぜんぜん違うとのこと・・・がく〜(落胆した顔)

一方、小賀坂の「ユニティ1」(165cm)は”まったり”しすぎ・・・
KS-CX」(160cm)は、小回り系ながらオールマイティにこなせるのは秀逸ですが、シニアにセンター幅60ミリ台は不要かなたらーっ(汗)

ヘッドの「マグナム」(163cm)は、以前にも試乗しているので最後に回しました。
さすがにいい板だと思いますが、値段もそこそこするうえ、私にはヘッドの板は走り過ぎて、身体が置いていかれてしまいがちですあせあせ(飛び散る汗)
シニアがゲレンデスキーを楽しむには、ちょっとスペックが高すぎます!

来週は、同じくアルペンが車山高原で、ゼビオが菅平高原で、試乗会を開催します。
もう一回出掛けて、今度はターゲットの数本を、じっくり乗り比べしたいな〜とダッシュ(走り出すさま)

→ 2018/2019 NEW MODELスキー試乗会 スケジュール【長野県内】

フィッシャー FISCHER メンズ レディース スキー板 セット金具付 PROGRESSOR F18 プログレッサー

価格:48,900円
(2018/3/18 20:22時点)




【5,000円以上のお買い上げで送料無料!4/1 13時まで】★K2〔ケーツー スキー板〕<2018>Charger〔チャージャー〕 M3 11 TCx【金具付き・取付料送料無料】基礎 オールラウンド

価格:69,900円
(2018/3/18 20:23時点)



posted by 佐野川 at 20:23| Comment(0) | 日記

2018年03月09日

スバルがVECTORGLIDEとコラボ、スキー板と全輪駆動自転車を限定発売!?

ゲレンデタクシーでお馴染みの、ADW(四輪駆動)技術が自慢のあのスバル(SUBARU)から、
なんと、全輪駆動(ADW)の自転車が発売されるそうですexclamation

なんと、リヤだけでなく、フロントも駆動する“AWD”自転車!?
AWDなんで「四輪駆動」と表現したいところですが、自転車なんで「二輪駆動」にしかなりませんが・・・あせあせ(飛び散る汗)
20180309subaru_jitensya.gif

どうやってフロント車輪を駆動するのか?気になるところですが、
フロントには等速ジョイントが組み込まれていて、ハンドル操舵に影響されず、駆動力が伝達されるようになっているそうですたらーっ(汗)

前回、2016年11月に販売されたときは、限定60台が数十秒でSOLDOUTしてしまったとか。
今回は、折り畳み式の「スタンダードモデル」と「ハイスペックモデル」が販売される予定とのことですが、まだ時期は未定・・・。
売り切れ必須の幻のアイテム、ぜひゲットを狙ってみたいものですダッシュ(走り出すさま)

一方、スバルとVECTORGLIDEがコラボしたスキー板「CORDOVA」は、ICI石井スポーツのオンラインショップで発売中!
発売日は3月8日(木)の18時からで、現時点ではまだ買えますよ!
ただし、お高いですが・・・ふらふら

VECTORGLIDEスキーのフラッグシップモデル「CORDOVA」に、SUBARUのカラーリングと特別グラフィックを施したプレミアムモデルです。スキー場で、この板を履いていたら、垂涎の的になること、間違いなし!?

フラッグシップモデルの「Standard」(180cmと170cmの2サイズ)と、軽量で操作性に優れる「Light」(170cm)の2モデル・3タイプをラインナップ。

20180309subaru_suki1.gif STANDARD 180 BLUE
http://ici-skionline.com/products/detail82831.html
価格: 172,800 円(税込)
残り12(2018/03/09 9:09時点)


20180309subaru_suki3.gif STANDARD 170 BLACK
http://ici-skionline.com/products/detail82830.html
価格: 172,800 円(税込)
残り25(2018/03/09 9:09時点)


20180309subaru_suki2.gif LIGHT 170 ORANGE
http://ici-skionline.com/products/detail82829.html
価格: 172,800 円(税込)
売り切れ(2018/03/09 9:09時点)



→ ICI石井スポーツ楽天市場店

また、ウィンターウェアのニューモデルも、スバルのオンラインショップで発売中exclamation
20180309subaru_wear.gif


メンズ用がブルー、ウィメンズ用がグリーン、一部サイズでは売り切れが始まっていますが、まだまだダッシュ(走り出すさま)
→ ウィンターウェア/Men 135,000円(税込)
→ ウィンターウェア/Women 135,000円(税込)



posted by 佐野川 at 09:12| Comment(0) | 日記

2018年02月25日

平昌五輪、アルペンスキー競技でメダリストが使ていたスキー板は?

2018年 平昌冬季五輪(ピョンチャンオリンピック)が、早くも終わろうとしていますもうやだ〜(悲しい顔)

アルペンスキーの全ての競技は、2月24日(土)までに終了。

そこで、アルペンスキー競技の各種目のメダリストが、本番で履いていたスキー板のメーカーを調べて、一覧にまとめてみましたるんるん
(ただし、インターネット放送のビデオ映像を見ながら、目視で確認しているので、ひょっとしたら間違っている所があるかもしれませんあせあせ(飛び散る汗) その場合は、何卒ご容赦を。)
(フリースタイル競技はこちら → 五輪モーグル選手の乗る板は?(男子)五輪モーグル選手の乗る板は?(女子)

2018orindanshi.jpg


アルペンスキー競技の種目は、男子・女子それぞれで、「滑降」「回転」「大回転」「スーパー大回転」「アルペン複合」の、計5種目があります。これらの金銀銅メダリストは、全部で5種目×男女×3メダル=30人となります。

また、今回のオリンピックから、新種目の「混合団体」が加わりました。ワールドカップの国別順位上位16チームが出場します。2チーム(2か国)毎の対戦形式で、勝ち残りで次戦へと進出する、トーナメント方式でメダルを争います。
アルペン混合団体の競技ルールは、今大会の正式種目になるまでに、色々な大会で、都度ルールが変わって試行錯誤を繰り返してきたようです。
平昌オリンピックで採用された混合団体のルールは、各チームの男女2人ずつ計4人が、並行するコースを1対1で滑って対戦します。
各チームの選手の滑走順は、事前に登録してある6人までの選手の中から、レース開始の5分前(?)までに申請を済ませなければなりません。ただし、男女の滑走順は、[ 女子 → 男子 → 女子 → 男子 ]の順番と決まっています。相手チームの誰に、誰を対戦させるのかの、駆け引きとなります。
滑走コースは、選手側から見て右が青コース、左が赤コース(観客側からだと、左が青コース、右が赤コース)。滑走順に、第2滑走と第4滑走時に、左右が入れ替わります。
つまり、チームとチームが対戦する場合、以下の様な滑走順となります。
        青コース   赤コース  
  第1滑走  女子   女子
  第2滑走  男子   男子
  第3滑走  女子   女子
  第4滑走  男子   男子
勝敗の決し方は、各ラウンドごとに勝ったチームが1ポイントを獲得し(同着の場合は両チームが1ポイントを獲得)、4人の合計ポイントで勝敗が決まります。なお、4人が滑走して同点の場合は、各チーム男女それぞれ速い方のタイムの合計で、速いチーム(タイムが少ない方)が勝ちとなります。

したがって、ここでは、混合団体の金銀銅のメダリストは、3メダル×4人=12人ということにします。(実際には、各チームの登録選手は6人まで認められているので、メダリストの合計は、3メダル×max6人=max18人となりますが、ここでは決勝戦と第3位決定戦で、実際に滑った選手の使っていたスキー板のみを対象としています。)

以上、従来のアルペン種目のメダリスト30人と、混合団体のメダリスト12人を合わせると、アルペン競技の全オリンピック・メダリストは、合計42人(累計)ということになります。

2018年ピョンチャンオリンピック・アルペンスキー競技

平昌冬季オリンピックのアルペン競技で、一番メダリストの使用率が高かったスキー板は、HEAD(ヘッド)で、メダリスト42人中 18人が使用し、使用率は 42.9%でした。
特に、「男子滑降」と「男子スーパー大回転」では、金銀銅と表彰台をHEADが独占しています!

2番目に多かったスキーはROSSIGNOL(ロシニョール)で、メダリスト42人中12人、使用率は 28.6%。

3番目はATOMIC(アトミック)で、メダリスト42人中9人、使用率は 21.4%。

この、HEAD、ROSSIGNOL、ATMIC の3つのメーカーで、全体の93%を占めています。
これ以外では、SALOMON(サロモン)Volkl(フォルクル)FISCHER(フィッシャー)が、それぞれ1人ずついたのみです。
20180226alpen2.gif

18/42=42.9% HEAD(ヘッド、米国→オランダ)
12/42=28.6% ROSSIGNOL(ロシニョール、フランス)
 9/42=21.4% ATOMIC(アトミック、オーストリア)
 1/42= 2.4% SALOMON(サロモン、フランス)
 1/33= 2.4% Volkl(フォルクル、ドイツ)
 1/33= 2.4% FISCHER(フィッシャー、オーストリア)

なんとなくですが、意外と私個人のイメージとは異なり、高速滑降系でHEADが成績を残し、小回り系でROSSIGNOLが成績を残している感じがします・・・。何故でしょう?たらーっ(汗)

たまたま見たテレビの解説者によると、平昌(ピョンチャン)のスキー競技会場の雪質は、低温の乾いた人工雪で、エッジが食い込みやすい北欧の雪質と似ていて、北欧勢の活躍が目立ったという話しでした。そのことと、何か関係があるのでしょうか?

【男子 滑降】
金 HEAD    アクセルルント・スビンダル(ノルウェー)
銀 HEAD    チェーティル・ヤンスルード(ノルウェー)
銅 HEAD    ベアト・フォイツ(スイス)

【男子 回転】
金 HEAD    アンドレ・ミレル(スウェーデン)
銀 ROSSIGNOL ラモン・ツェンホイゼン(スイス)
銅 ROSSIGNOL ミヒャエル・マット(オーストリア)

【男子 大回転】
金 ATOMIC   マルセル・ヒルシャー(オーストリア)
銀 ROSSIGNOL ヘンリク・クリストフェシェン(ノルウェー)
銅 HEAD    アレクシ・パンテュロー(フランス)

【男子 スーパー大回転】
金 HEAD    マティアス・マイヤー(オーストリア)
銀 HEAD    ベアト・フォイツ(スイス)
銅 HEAD    チェーティル・ヤンスルード(ノルウェー)

【男子 アルペン複合】
金 ATOMIC   マルセル・ヒルシャー(オーストリア)
銀 HEAD    アレクシ・パンテュロー(フランス)
銅 SALOMON  ビクトル・ムファジャンデ(フランス)

【女子 滑降】
金 ATOMIC   ソフィア・ゴッジャ(イタリア)
銀 HEAD    ラグンヒル・モビンケル(ノルウェー)
銅 HEAD    リンゼイ・ボン(米国)

【女子 回転】
金 ROSSIGNOL フリダ・ハンスドター(スウェーデン)
銀 HEAD    ウェンディ・ホルデナー(スイス)
銅 ATOMIC   カタリナ・ガルフーバー(オーストリア)

【女子 大回転】
金 ATOMIC   ミカエラ・シフリン(米国)
銀 HEAD    ラグンヒル・モビンケル(ノルウェー)
銅 ROSSIGNOL フェデリカ・ブリニョネ(イタリア)

【女子 スーパー大回転】
金 ATOMIC   エステル・レデツカ(チェコ)
銀 HEAD    アナ・ファイト(オーストリア)
銅 HEAD    ティナ・ワイラター(リヒテンシュタイン)

【女子 アルペン複合】
(最終順位)
金 ROSSIGNOL ミシェル・ギザン(スイス)
銀 ATOMIC   ミカエラ・シフリン(米国)
銅 HEAD    ウェンディ・ホルデナー(スイス)

【混合団体】
金 スイス   (HEADROSSIGNOLHEADFISCHER
銀 オーストリア(ROSSIGNOLROSSIGNOLATOMICATOMIC
銅 ノルウェー (ROSSIGNOLVolklROSSIGNOLROSSIGNOL

20180226alpen.gif




2018orinjyoshi.jpg


なお、ちなみに、男子アルペン複合の、前半滑降と後半回転のそれぞれの上位選手が使用していたスキー板は、以下の通りです。

【男子 アルペン複合】
(滑降)
1位 ROSSIGNOL トーマス・ドレッセン(ドイツ、最終9位)
2位 HEAD アクセルルント・スビンダル(ノルウェー、最終棄権)
3位 HEAD マティアス・マイヤー(オーストリア、最終途中棄権)
(回転)
1位 ATOMIC マルセル・ヒルシャー(オーストリア、最終1位)
2位 SALOMON ビクトル・ムファジャンデ(フランス、最終3位)
3位 HEAD アレクシ・パンテュロー(フランス、最終2位)





フリースタイル競技はこちら
→ 五輪モーグル選手の乗る板は?(男子)
→ 五輪モーグル選手の乗る板は?(女子)



posted by 佐野川 at 20:16| Comment(0) | 日記