2018年06月29日

ジェットヘルメット、色の違いによる見え方

悩みに悩む、最初のヘルメット選びあせあせ(飛び散る汗)

デュアルパーパスのバイクなので、オフロードとフルフェイスのいいとこどりをしたデュアルパーパスのヘルメット(SHOEI「ホーネットADV」、アライ)が最初の候補でしたが、あごの先が尖った格好が、まるっこいメタボ体型のシニアには似合いそうもないことと、つばの部分が邪魔になりそうなのも気になり・・・バッド(下向き矢印)

ショウエイ(SHOEI) ヘルメットHORNET ADV マットディープグレー L (頭囲 59cm)

新品価格
¥39,400から
(2018/6/29 08:15時点)


アライ×山城 TOUR-CROSS 3 (ツアークロス3) オフロードヘルメット 【フラットブラック Sサイズ】

価格:37,590円
(2018/6/29 08:16時点)





次に候補に挙げたのは、利便性でシステムヘルメット!
特に、ゼニスのYJ-19なら、2万円以下で買えて、とっても安い!
しかし、実際に被ってみると、とても重くて、私には我慢できそうもありません・・・バッド(下向き矢印)

★送料無料★ヤマハ YJ-19 ZENITH(ゼニス) システムヘルメット インナーサンバイザー装備

価格:18,495円
(2018/6/29 08:17時点)
感想(5件)




次は、安全性を考慮して、やっぱりフルフェイスのヘルメット!
ただ、軽量モデルにするか、インナーバイザー(アウトバイザー)付のタイプにするか、悩みます・・・

SHOEI GT-Air ヘルメット【マットブラック】【ショウエイ バイク用 ショーエイ】

価格:38,000円
(2018/6/29 08:20時点)


ショウエイ(SHOEI) バイクヘルメット フルフェイス Z-7 PARAMETER(パラメーター) TC-3(YELLOW/GREY) L (頭囲 59cm)

新品価格
¥39,309から
(2018/6/29 08:22時点)





でも、いろいろ試着を繰り返すに、
夏は暑いし、視界は狭いし、息苦しいし・・・
電話に出ることも人と会話するのも面倒だし、水も飲めない・・・バッド(下向き矢印)

そうすると、ジェット型・オープンフェイスタイプのヘルメットを選ぼうかとひらめき
まぁ、ヘルメットは一個だけでなく、複数持っている人が多いようですので、普段使いにまずはジェットを買って、遠乗り・ツーリング用に、安全重視で後からフルフェイスを買い増せばいいのでは?との考えに至りました!

さて、そのオープンフェイスのヘルメットでも、いろいろなタイプがあり、
悩んだ末、あごの部分のガード範囲が広く、日よけのCTバイザー(シェード)が便利そうという理由で、
もろ「白バイ隊員」が被っているアライのヘルメット、「CT-Z」に行きつきましたるんるん

アライ CT-Z ジェットヘルメット 【グラスホワイト Mサイズ】

価格:33,850円
(2018/6/29 08:40時点)




そこで、白(ホワイト)、銀(シルバー)、ブラック(つや消し)、どの色を選んだらいいか、
見比べるべく、写真を並べてみました。

白が一番無難そうですが、頭が大きく見えそうですたらーっ(汗)
黒は目立たないのが一番の難点。
間を取って、シルバーがおすすめかな?

(画像をクリックすると、大きく表示します↓)
ctz.jpg




posted by 佐野川 at 08:44| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: