2018年02月22日

平昌五輪(13日目)−長野県勢 結果速報!

2018年 平昌冬季五輪(ピョンチャンオリンピック)の13日目、
2月21日(水)に実施された競技の結果。

長野県勢(長野県出身の選手および長野県関係の選手)、
今日も頑張ってくれていますグッド(上向き矢印)

そして、なんと、なんと目
またしても金メダルわーい(嬉しい顔)

【スピードスケート女子】
スピードスケート団体追い抜き 1位(金メダル
 高木菜那(たかぎなな)選手(北海道出身、日本電産サンキョー所属)
 高木美帆選手(北海道出身)
 佐藤綾乃選手(北海道出身)
 (準決勝メンバー)菊池彩花(きくちあやか)選手(南相木村出身)

決勝戦は日本対オランダの対戦。日本は、高木美穂、佐藤綾乃、高木菜那の3人で出場。
両チームとも半周13秒台で突っ込んだ高速レース。素早く隊列を整えた日本が序盤はリードしたが、1500mの金メダリスト、ブストをエースに全員がメダリストのオランダが残り4周からは先行した。しかし日本はあわてることなく、「三つ子」のように脚をそろえ、スムーズな先頭交代。オランダが残り3周を過ぎたところから13秒台から14秒台へ、最後は15秒台と大きくラップを落としたのに対し、日本は中盤以降14秒台半ばをキープ。終盤に日本のエース高木美穂が先頭に立ちチームを引っ張ると、14秒台前半にラップを上げる強さ。最終的には1秒59の大差をつけ圧勝グッド(上向き矢印)
タイムは、五輪新記録の2分53秒89。オランダを破り、金メダルを獲得しました。
日本の金メダルは今大会3個目。長野県勢からは、先のスピードスケート女子500mで史上初の女子スピードスケートで金メダルを獲得した小平奈緒(こだいらなお)選手(茅野市出身、相澤病院所属)に続き、高木菜那(たかぎなな)選手(北海道出身、日本電産サンキョー所属)が金メダルを獲得!
なお、日本チームには菊池彩花(きくちあやか)選手(南相木村出身)も入っており、菊地選手は準決勝でメンバーとして出場しカナダを撃破。日本の決勝進出を果たした立役者となりました手(チョキ)


【カーリング】
スポーツコミュニティー軽井沢クラブ
 カーリング男子総当たり戦(最終戦)
 男子1次リーグ(9戦目) 韓国 対 日本 10対4で敗退(第8エンドで日本がギブアップ)

日本が先攻の第6エンド。得点圏に韓国の石が3つある中で迎えたスキップ両角友の第2投が、既にある日本のストーンに当てて円心近くに持っていくことを狙ったが、逆に日本の3つのストーンを弾き出してしまうミスショット。これにより、韓国に大量4点を奪われてしまいます。
日本が先攻の第8エンドにも、3点を奪われ、ここでギブアップふらふら
ここで勝たなければ決勝進出敗退となる大一番で、世界ランク8位の日本は、完全アウェーの開催国・韓国(同16位)に、まさかの大量失点を喫し、破れてしまいました・・・。
日本の1次リーグの戦績は、4勝5敗で、8位となり、4強による準決勝進出を逃して敗退が決まりましたもうやだ〜(悲しい顔)





posted by 佐野川 at 07:10| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: