2017年05月15日

大規模サイバー攻撃、対策は?

週明け、ヤフーのトップニュースに、
世界99カ国で大規模サイバー攻撃、ルノーは生産停止』(ロイター)とか、
週明け、メールを開く前に気をつけたい3つのこと--IPAが呼びかけ、大規模サイバー攻撃で
といった、サイバーセキュリティに関するニュースが飛び交っていますあせあせ(飛び散る汗)

世界の99カ国・地域で12日、企業や病院、学校などに対する大規模なサイバー攻撃が発生し、10万台以上のコンピューターが被害を受けた。攻撃には、パソコンを感染させ、復旧と引き換えに300ドルから600ドルの支払いを要求する「身代金(ランサム)ウエア」が使われた。
 (中略)
攻撃は、マイクロソフトの基本ソフト(OS)「ウィンドウズ」のぜい弱性を突いたもの。このバグを悪用するコード「エターナル・ブルー」は、ハッカー集団「シャドー・ブローカーズ」が3月、インターネット上に放出した。同集団は、米国家安全保障局(NSA)のハッキングツールから盗んだと主張している。NSAはコメントしていない。
 (後略)


しかし、
どうやってウィルスに感染させられてしまうのか?
どう対策したらいいのか?
が、明確に書かれていませんバッド(下向き矢印)

ウィルスにどうやって感染させられるのか?
送られたメールの添付ファイルを開くだけでなく、そこに書かれているURLをクリックするだけでも感染しまうらしいです。。。
送り主の怪しいファイルは、開かず削除するのが得策ですたらーっ(汗)
しかし、送り主を偽り、知り合いなどを語ったメールでは、つい信じてしまうこともあり得ます。そのためには、↓

どう対策すればいいのか?
まず、OS(ウィンドウズ)のアップデートをしましょう!ハッカーは、ウィンドウズの脆弱なバグを攻撃してきます。スタートボタンから、すべてのプログラムをクリックし、「Windows Update」プログラムを見つけてクリックして実行します。

ついでに、ウィルス対策ソフト(マイクロソフト セキュリティ・エッセンシャルも含む)を、最新の状態にアップデートしておきましょう。

ただ、これだけです。
慎重さは必要ですが、怖れおののく必要は、まったくありませんので、ご安心くださいexclamation
posted by 佐野川 at 08:16| Comment(0) | IT (PCや携帯)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: