2016年12月17日

白菜の冬越し

昨年は、早過ぎる時期に収穫期を迎えてしまった白菜。
そこで今年は、手に入る一番遅成りの晩生種、「黄心(きごころ)95日」を育てることに。
黄ごころ90日

白菜種 タキイ交配 黄ごころ90   タキイ種苗の白菜です。種のことならお任せグリーンデポ

価格:575円
(2016/12/18 16:07時点)




播種(種まき)したのは、8月31日。
その名の通り、95日で収穫できるとすれば、12月上旬に収穫期を迎える予定だったのですが、
なんと今年の秋は、長雨が続き、晴天率や日照時間は、平年の半分以下の事態ふらふら

したがたって、白菜も、12月半ばを過ぎるというのに、ぜんぜん実入りが悪い状態のまま・・・がく〜(落胆した顔)

この状態で収穫するのは心許ないので、畑に植えた状態のまま、収穫せずに置いておくことにしましたexclamation

しかし、昨晩の最低気温は、氷点下−5度を下回るまでに冷え込み、
試しに今日収穫した白菜は、葉を5-6枚剥いでも、まだ凍みた状態バッド(下向き矢印)

果たして、こんなんで冷え込みに耐えられるのか心配ですが、
外葉を藁で縛って(結束して)から、一畝にはビニールシートを、
もう一畝には不織布を掛けて、防寒対策を施してみました。

できれば、早く雪が積もってくれた方が、雪下白菜で、凍みずに甘みも増すかと思うのですがあせあせ(飛び散る汗)

DSC_0036.jpg


DSC_0035.jpg





posted by 佐野川 at 16:48| Comment(0) | 家庭菜園
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: