2016年12月16日

安倍相とプーチン大統領との首脳会談、何故「山口県長門市の温泉旅館」で?

安倍晋三首相と、ロシアのプーチン大統領と首脳会談が、
12月15日から1泊2日の日程で、山口県長門市の温泉旅館「大谷山荘」で開かれています。
  


今回の首脳会談の最大の目玉は、何といっても「北方領土問題」の解決の糸口を探ること。
北方領土問題を含む平和条約締結交渉の前進に道筋をつけられるかが最大の焦点で、関係者によると、北方領土での「共同経済活動」についても合意を目指すとされています。

安倍首相は15日の午後、首脳会談に臨むため、羽田空港から政府専用機で山口宇部空港に到着。
一方、ロシアのプーチン大統領の特別機は、当初予定より約2時間40分遅れて山口宇部空港に着陸。遅刻魔だとか、作戦の内との噂も・・・。

15日夕方の会談で、両首脳は、北方領土での共同経済活動の実現に向けた具体的な交渉に入ることで合意。
元島民らが、査証(ビザ)なしで北方領土に渡航できる「自由訪問」も拡充する見通しとなりました。
16日に、共同で記者会見して発表する予定です。


ところで、なぜ、このような重要な日露首脳会談の開催地(会談場所)が、山口県長門市という、
あまり聞いたことが無い、田舎町で開催されるのでしょうかexclamation&question

実は、山口県長門市といえば、総理大臣・安倍晋三氏のお膝元。
安倍首相は、1954年(昭和29年)東京都新宿区の生まれですが、本籍地は山口県大津郡油谷町(現・長門市)です。
安倍晋三氏の父・安倍晋太郎氏も東京都の生まれですが、父方の祖父・衆議院議員の安倍寛は山口県大津郡日置村(現長門市)の生まれ。母方の祖父・後の首相の岸信介は山口県吉敷郡山口町(現山口市)の生まれ、大叔父・後の首相の佐藤栄作は、山口県熊毛郡田布施町の生まれです。

その、長門市にある「長門湯本温泉」は、泉質の良さで知られる、遡ること約600年も前(1427年)に開湯の、由緒正しき温泉地。
しかし、宿泊者数は、昭和58年の年間39万人をピークに、2014年には20万人にまで半減。
そして、その2014年には、地元を代表する老舗旅館「白木屋グランドホテル」が経営破綻。

そこで、温泉街の行く末に危機感を募らせた長門湯本温泉と長門市では、抜本的な再生プランを策定することに。
そして、その再生プランを任されたのが、かの有名な「星野リゾート」です。

2016年1月に、山口県長門市より「長門湯本温泉マスタープラン」の策定を受託した星野リゾートは6月には「長門湯本温泉マスタープラン」最終報告会を実施。
これを踏まえ8月末に、長門市より「長門湯本温泉観光まちづくり計画 〜地域のタカラ、 地域のチカラで湯ノベーション〜」が策定されました。

星野リゾートは、この首脳会談に先立ち、2016年10月4日に、山口県長門市と協働 長門湯本温泉街「長門湯本温泉観光まちづくり計画」を発表。
星野リゾートも、自らの温泉旅館ブランド「界」を、2019年に開業する予定です。
星野リゾート
(出典: 星野リゾート


長門市役所では、大西倉雄市長の強いリーダーシップの下、地方再生に向け、温泉地の強力な後押しを推進。
もちろん、安倍首相のお膝元ということで、政府や国(経済産業省)のバックアップも働いたことでしょうひらめき

そこで、今回の日ロ首脳会談の開催場所として、長門湯元温泉が選ばれたというのが、事の背景と経緯でするんるん

そして、安倍首相とプーチン大統領の宿泊先兼会談場所として選ばれた旅館は、
大谷山荘」。
天皇皇后両陛下も宿泊したことがある、由緒正しい、老舗の高級温泉旅館です。
安倍首相も、これまで何度も後援会の会合などで大谷山荘を利用したことがあり、贔屓の宿のひとつだとか。

ホテル・宿予約サイト「じゃらんnet」

楽天トラベル 【2011年決定!】お客さまが選んだ4つ星以上の人気の宿&ホテル(国内海外)

Yahoo!トラベル 大谷山荘

一休.com 大谷山荘






posted by 佐野川 at 09:05| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: