2016年10月28日

日本シリーズ第6戦・予告先発【野村祐輔vs増井浩俊】

2016年のSMBC日本シリーズ
セリーグ【広島東洋カープ】 vs パリーグ【日本ハムファイターズ】

開幕戦は、セ・リーグ進出球団の本拠地ということで、マツダスタジアムで火ぶたを切った戦いは、
前評判の「日ハム有利」説を吹き飛ばし、広島カープの本拠地2連勝で開幕!

しかし、移動日を挟んで、日ハムの本拠地・札幌ドームでの3連戦、
全試合、早寝の私には寝不足になってしまうほどの熱戦と延長線が続きを制したのは、
本拠地チームの日本ハムファイターズ!

ここまでの5試合の全部が、本拠地チームの勝利が続いていまするんるん

        第1戦  第2戦  第3戦  第4戦  第5戦
セ1位・広島   ○5   ○5   ●3   ●1   ●1  (2勝3敗)
パ1位・日ハ   ●1   ●1   ○4   ○3   ○5  (3勝2敗)
        於広島  於広島  於札幌  於札幌  於札幌

さて、これで移動日を挟んでの第5戦は、広島の本拠地、マツダスタジアムへ再移動。

3勝2敗と先に王手をかけた日本ハムは、大谷という手駒まで持っていて、圧倒的に有利な様に思いますが、
これまで地の利を活かして勝利をもぎ取っているカープとしても、
広島に戻って【カープ女子】の手前、そうそう簡単に負ける分けには行きませんあせあせ(飛び散る汗)

そういえば、前回(32年前、1984年)、広島カープが日本一になった時も、
広島は最終戦で、本拠地・広島で、日本一を成し遂げていますわーい(嬉しい顔)
    第1 第2 第3 第4 第5 第6 第7
広島  ○  ●  ○  ○  ●  ●  ○  (4勝3敗)
阪急  ●  ○  ●  ●  ○  ○  ●  (3勝4敗)
    広島 広島 阪急 阪急 阪急 広島 広島
  
そこで注目を浴びるのが、第6戦の先発投手exclamation&question

予告先発では、第2戦と同じ、野村と増井の先発投手対戦となりました爆弾

  広島東洋カープ       vs  日本ハムファイターズ
  野村祐輔(16勝3敗、防2.71)   増井浩俊(10勝3敗、防2.44)

第6戦目で、日本ハムの栗山監督は、私は大谷を起用して決めに来るだろうと思っていたのですが、もし大谷を起用して、また負けた時のダメージを避けたのか?

フルカウントの記事によると、
『大谷は22日の第1戦で6回3失点で敗戦投手に。第2戦は代打出場し、指名打者制のある第3戦以降は3試合連続で3番・DHで先発フル出場してきた。さらに、第4戦では一塁ベースを駆け抜けた際に右足首を捻った。第5戦でも全力疾走しており大事には至らなかった模様だが、25日からの3日間は本来の先発投手としての調整が出来ない状態だった。
栗山監督は、これ以上むちゃな使い方はできないと、慎重に起用していく方針を示していた。』
とのこと・・・・あせあせ(飛び散る汗)

でも、もし第6戦を広島が勝ったら、第7戦の最終戦は、黒田と大谷の投げ合いにexclamation&questionパンチ


posted by 佐野川 at 19:32| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: