2016年07月06日

らっきょうの収穫と、塩漬け(レシピ)

今日は朝からピーカン晴れ
最高気温は32度にまで上がる予報ですたらーっ(汗)

とりあえず、暑くなる前にと、朝から畑に出て、
ラッカセイやアスパラ、葉物野菜などの畝の草取りを必死でしていたら、
なんと、らっきょうを収穫するのをすっかり忘れていましたあせあせ(飛び散る汗)

ジャガイモも、先に芽が出た男爵かメークインのどっちかの畝は、ほとんど葉が枯れて収穫時ですが、
まずはラッキョウが先!

先の冬に麦を撒かなかったので、今日は大型機械で草刈りをして、大豆を撒く準備をしている横で、
こっちは汗だくだくで、人力で鍬を振り、らっきょうを掘り起しましたふらふら

一昨年の秋に、コメリで半値になっていたらっきょうの球根を2袋買ってきて、
昨年は収穫した何分の一かを種球に回して、残りを塩漬けに。

そこそこ、楽しめる量のらっきょうの塩漬けが出来たのですが、
今年はそこから、去年の約2倍もの量のらっきょうが収穫できました!
(↓これでまだ半分以下)
DSC009052.jpg


もちろん、種球も2倍ほど残し、残りを一生懸命塩漬けしようと下処理していたのですが、
薄皮むきで指紋が無くなるほどの量・・・パンチ
DSC009062.jpg


そこで、3分の1ほどは、キマルの奥さんにあげて、自分では去年の約2倍、
らっきょうだけで1.2kgくらいを塩漬けにしました!

材料
1.らっきょう (収穫したばかりの泥付き)
2.荒塩 (ラッキョウ10:塩1の分量、らっきょうが1kgなら、塩は100g)

らっきょうの漬け方
1.畑であらかたに茎を切り、外の水道で2-3回水洗いしながら、泥を落とします。
2.台所のボールに移し、再度水洗いした後、根(ヒゲ)と茎を切りそろえます。
 (ひらめき根はギリギリで切ります。切りすぎると、塩が浸み込み過ぎて、らっきょうのシャキシャキ食感が損なわれます。昔の人は、爪楊枝で根をほじって取ったそうです。)
3.ボールに入れて水を張り、薄皮と、残った根を取り除きつつ、キレイに水洗いして、ザルに上げます。
4.漬物容器に、塩を振りながららっきょうを入れ、らっきょうが浸るくらい水を足し、落し蓋をして、2週間ほど冷暗所で保存します。
5.2週間ほど経ったら、3%の塩水で再度漬け直し、1か月ほど漬けこんだら、食べごろです!
6.薄い塩水で、数時間ほど塩抜きをして、冷酒あるいはロックの焼酎と一緒に食べて、夏を乗り切りましょうわーい(嬉しい顔)


posted by 佐野川 at 18:56| Comment(0) | 家庭菜園
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: