2016年01月13日

ハイレークセームタオルの吸水量は?

先日、「【セームタオルを比較】 アリーナとスピード 何が違う?」という記事を投稿したところ、
『ハイレークセームタオルの吸水力も同じように調べてもらえないですか?』とのご意見を頂きましたわーい(嬉しい顔)

そこで、再度調べてみることに。

私が持っているのは、アリーナ (arena) の「ハイレークセームタオル」(M)です。
商品番号は、ARN-1641

ハイレークセームタオルは、通常のセームタオル同様に、吸水力があり繰り返し絞って使えるタオルですが、生地が普通の綿や化繊のタオル生地に似た感じで、肌触りも柔らかく、乾燥しても固くならない特徴があります。
ただし、吸水力は通常のセームタオルよりだいぶ落ちるので、私はスイミングでは使わず、日帰り銭湯など入浴施設で使っています。長野には、あちこちの村や市毎に、こうした温泉施設があるので、軽トラには、常にお風呂セットが常備してあり、そこにハイレークセームタオルを入れてありますわーい(嬉しい顔)

さて、先の実験と同じように、ハイレークセームタオルを固く絞って重さを測ったところ、93gでした。

また、水に浸してから30秒間あげて、吸水した水の量を測る実験では、3回繰り返して、それぞれ、80g、75g、75gという結果でした。

アリーナのセームタオルが210グラム、スピードのセームタオルが130グラムだったのに比べると、アリーナどうしでは約3分の1、スピードのセームタオルに比べても半分ほどの吸水量しかありませんでした。

でも、お風呂あがりに使うには、いちいち乾かすために干す手間が省けて、とても便利ですexclamation
posted by 佐野川 at 14:47| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: