2015年09月05日

玉葱の種まき

『今日は貴重な晴れ間、明日からまた秋雨前線が停滞するので、今日はふとんを干しましょう!』と朝の天気予報で言っていました。
が、時々晴れ間がのぞく程度でした・・・。

それでも、貴重な晴れ間、明日から雨となると、これは絶好の種まき日和ということで、
昨日のダイコンに続いて、今日はタマネギの種を蒔きました。


一か所のまとまったスペースは取れないので、モロッコいんげんを片付けた後のほか、長ネギを少し抜いてスペースを作り、未だに食べ続けているまばらになった春人参を何本か抜いて、なんとか場所を確保。

今年の品種は、「泉州中甲高玉葱」をチョイス。
貯蔵性の高い中晩性品種。球は甲高の大玉、球重300〜400g、食味のよい品種です。
玉ねぎは、耐病性が強く、貯蔵性が優れている品種が、何よりです。


肥料と石灰を撒いて耕し、畝を立ててから、足場板を横にして撒き溝を作り、たっぷり散水。
玉ねぎの種を筋蒔きしたら、フルイで薄く土をかけ、その上から鶏糞を薄く撒き、鍬の背で鎮圧。
再度散水してから、その上にもみ殻を撒いておきました。

KC4A0459.jpg
posted by 佐野川 at 19:14| Comment(0) | 家庭菜園
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: