2019年07月28日

フヨウの花が咲きました

昨年は、6月中に梅雨が明け、7月から猛暑だったのがウソのようたらーっ(汗)
今年は、最初こそ空梅雨でしたが、7月になってからは毎日雨続き・・・

ようやく梅雨明けかと思いきや、台風の発生で、関東甲信地域の梅雨明けの発表は、週明けに先送りされてしまったようですバッド(下向き矢印)
タチアオイ

入梅の頃に咲き出すのが、タチアオイ(立葵)。
当地では、タチアオイの花が終わりを迎えると、梅雨明けと言われています。
まさに、タチアオイの花が枯れようとしています!

そして、タチアオイの花と入れ替わるように咲いたのが、フヨウ(芙蓉)の花ひらめき
フヨウ

以前、お寺のお施餓鬼に行った際、おっしゃん(寺の住職、お坊さんのことを、当地では「おっしゃん」と呼びます)から、芙蓉の花は北を向いて咲くことを教えられました。
その寺の北の方角にある家を出て僧侶となり、当地の寺の住職となったおっしゃんは、年老いた今でも、芙蓉の花が咲くと、遠く北の方にある実家のことを思い出すそうです。

ひまわりをはじめ、花は南など太陽の方角を向いて咲くものと思い込んでいた私には、とても新鮮で、心打たれるお施餓鬼でしたー(長音記号2)



posted by 佐野川 at 14:30| Comment(0) | 日記