2017年01月13日

いま熱い、カップ焼きそば戦争をご存知ですか?

今、(一部の)ちまたで話題となっている、変わり味の新作カップラーメン、ご存知ですか?

口火を切ったのが、明星食品が2016年1月に発売した
明星 一平ちゃん夜店の焼そば チョコソースがく〜(落胆した顔)

これが、そうとうに激マズ(とても不味い)と、巷で話題にパンチ

ところが、明星食品では、不味くても話題になるだけ宣伝効果が高いと踏んだか?
今年(2017年)もこりずに、先日1月9日に、バレンタインデーに合わせて再び、新作を発売パンチ

一平ちゃん夜店の焼そば チョコソース(1コ入)【一平ちゃん】

価格:150円
(2017/1/13 08:49時点)



→ meiji食品ニュースリリース 「明星 一平ちゃん夜店の焼そば チョコソース」(1月9日発売)

国内外チョコメーカー監修拒否!
国内外の有名チョコメーカー数社に監修を依頼したけれど、断られて、実現には至らなかったと。当たり前だ爆弾

これぞスイーツ焼そば!謎チョコキューブ 入り!
グレードアップした、スイーツ感の高い、おやつにおすすめ!

今回は、めん、ソースに甘さと香りを増強し、「これぞスイーツ焼そば」という品質に仕上げました。ココアパウダーを練り込んだ専用めんは、クッキーやビスケットのような香ばしさを持ち、カカオバターとバニラ風味のオイルを合わせた塩ソースを合わせると、チョコ感のある甘じょっぱい味覚がクセになるおいしさです。
新たにサクサクした食感のあとのせかやく "謎チョコキューブ" を採用しました。ココアパウダーと糖類を主原料にした "謎チョコキューブ" をトッピングすることで、まさにお菓子のような味わいです。


既に友人がチャレンジしてくれて、
なんと、前作は激マズでしたが、今年の新作は、甘さが抑えられているので、意外と食べられるかも!?ってな感想だそうですたらーっ(汗)


 すると、なんと、あのペヤング焼きそばの「まるか食品」でも、
1月16日に、カップ焼きそば「ペヤングチョコレートやきそばギリ」を新発売するそうですひらめき

 ソースは甘めのチョコレート味で、かやくはクルトンと乾燥イチゴ。
 バレンタインデーなど冬期商戦向けで、商品名の「ギリ」は、「義理チョコ」や「ギリギリで焼きそば」などの意味を込めたという。北海道と沖縄県を除き、全地域で販売。

ゲロゲロな戦いになってきましたね〜ふらふら


 一方の明星食品では、「チョコソース味」に味をしめたのか?
今度は、「明星 一平ちゃん夜店の焼そば ショートケーキ味」を発売ー(長音記号1)

これまた、試食にチャレンジした友人からのレポートだと、
食べた感想は、『昨年のチョコ味に、輪をかけて、”ゲロまず”』だそうですバッド(下向き矢印)

きっと、酒飲みの中年男性の感想ですから、
甘いもの好きの若い方の嗜好には、合わないからだと思いますが・・・、

でも、私はパクチーやタイ料理は大好きです黒ハート
なので、機会があれば、これは是非食べてみたいメール


 一口食べただけでも「パクチー」の味が口の中に広がる、パクチー好きにはたまらない商品!
 「ペヤング パクチーMAX やきそば


続 き を 読 む

posted by 佐野川 at 08:49| Comment(0) | 日記

2017年01月12日

スバルのゲレンデタクシー、今年は2/4〜5 at エコーバーレー

スバルの「ゲレンデタクシー」をご存知ですか?
20170112subaru.gif


リフトに代わって、スキーヤー、スノーボーダーを、リフト下からゲレンデ上部まで、スバルのクルマで運んでくれます車(セダン)

スバルの自動車、車種はレガシー、フォレスター、XVの、雪上走行性能を体感してもらうことを目的とした、スバル主催のイベントですから、
もちろん、タクシー代(リフト代)は無料わーい(嬉しい顔)

ただし、twitterやFacebookなどのSNSで、ゲレンデタクシーの試乗記をつぶやいたりレポートすることを求められますが、大した労力ではありません。。。

冬はスキーやスノーボードに行くので、4WD車が欲しい!
だったら、絶対に水平対向エンジンを積んだ、フル4WDのスバル車がおすすめ!
でも、レガシー、フォレスター、XV、どれにしたらいいか迷っている・・・。

そんな人は、労力を惜しまず、ぜひ、2月4日(土)〜5日(日)に、「エコーバレースキー場」に行って、ゲレンデタクシーに乗ってみてくださいるんるん

なお、運転はプロのドライバーがしてくれるので、自分では運転できませんよパンチ

ちなみに、1/28と29は、岐阜の「高鷲スノーパーク」でも開催される予定です。
→ ゲレンデタクシー 雪に強いスバルのSUVがスキー場を!?|SUBARU
posted by 佐野川 at 17:44| Comment(0) | 日記

2017年01月11日

激辛スナック3本勝負!

友人から、ブログネタを頂戴しましたひらめき

今、巷で話題の(局所的かもたらーっ(汗))、激辛系スナックを、取り急ぎ3品ほど食べてみましたちっ(怒った顔)

食べてみた感想は・・・
「新潟仕込み、島とうがらし味」に至っては、100円の一袋で、
200円近くするヘルシアの5本分以上のダイエット効果があるのではexclamation&questionあせあせ(飛び散る汗)

1激辛度
島とうがらし味 > 激辛ロシアンスコーン > 俺の本気のわさビーフ

2おいしさ度
俺の本気のわさビーフ > 島とうがらし味 > 激辛ロシアンスコーン

3リーズナブル度(総合評価)
島とうがらし味 > 俺の本気のわさビーフ > 激辛ロシアンスコーン

激辛!新潟仕込み 島とうがらし味(三幸製菓)

R-20 俺の本気のわさビーフ(山芳製菓)


激辛ロシアンスコーン チリ味(湖池屋)
posted by 佐野川 at 18:25| Comment(0) | 日記

2017年01月10日

若手女流浪曲師・国本はる乃さんをご存知ですか?

先日、スキーの帰りのクルマの中で聞いたNHKラジオ「午後らじ」。

ゲスト出演者は、「国本はる乃」さんるんるん
http://www.nhk.or.jp/gogoradi-blog/2017/01/06/

参考→ 産経ニュース「稲敷の女流浪曲師・国本はる乃さん、最年少20歳で一本立ち

私は初めて知った、最年少記録を打ち立てた「女流浪曲師」だそうで、
期待せずにその一声を聞いたところ、「ひと目惚れ」、もとい、「ひと耳惚れ」してしまいました黒ハート

若い女流さんなので、声が高く透き通るのは分かるのですが、
単にそれだけでは耳障りになりそうなのに、きちんと年季の入った節回し?と声の返し方?が絶妙で、ぜんぜん年相応の声や浪曲に聞こえません。

もちろん、浪曲なんて、ど・ど素人の私が言うのは、烏滸がましいのは重々承知ですが、
『もう、ベテラン中のベテランの極地!』と感じてしまいましたパンチ

一節、勉強してもらっただけですが、
(浪曲師の方は、演じる際に、披露することを『勉強させてもらいます』と言うらしいです)

『続きは、木馬亭で!』と言われてしまい、
思わず、今度上京する機会があったら、行ってみよう!と思ってしまいあせあせ(飛び散る汗)

木馬亭とは、
特に若手育成の点で大きな役割を果たしている、浪曲の常打ち小屋(浪曲の寄席)で、
東京都台東区、浅草寺の近く、花屋敷の直ぐ近くにあります。

ぜひ、今度行ってみようグッド(上向き矢印)

国本はる乃さんプロフィール
出身地: 茨城県稲敷市出身
誕生日: 平成8年(1996年)1月19日生まれ
師匠:  国本晴美(平成17年入門)
浪曲を始めたきっかけ:
 父の友人の家に遊びに行った時にその友人に三味線を勧められ、前から父と知り合いだった国本晴美師匠の所に習いに行ったが、当時小学校四年生だったので手が小さく棹がつかめないということで三味線ではなく浪曲になってしまった。


日本浪曲協会
posted by 佐野川 at 18:45| Comment(0) | 日記

2017年01月09日

どんど焼き

「どんど焼き」とは、古くから伝わる小正月(1月15日)の行事です。

そもそもは、お正月に天から下りてきた歳神様を、どんど焼きの煙に乗って天に帰って頂くための神事だったようですが、その後は村人の無病息災や家内安全を祝う行事として、最近では子供たちが主役となっていることから、子供らの健やかな成長を祝い願う行事として、位置づけられるようになってきています。

さらに、勢いよく燃える炎とその熱の強さを子供たちに身近に感じさせることで、火がどれだけ怖いもので、火遊びがどれほど危険なもので、しては行けないことかを、教える意図もあるようです。
よく大人が子供たちに言う、『火遊びをすると寝小便をするぞ』という言い伝えも、このどんど焼きの行事を通じて受け継がれてきたように思います。

あと、どんど焼きが行われる日も、今では松の内(この辺りは1月7日まで)が終わった最初の日曜日に行うことにしているため、1月15日とは限らず、毎年日にちは違います。

まぁ、目的や習わしはよく分からずとも、毎年なんだかんだで受け継がれてきています。

どんど焼きの朝に、子供たちが村中を練り歩き、各戸の玄関に出された、正月飾りの門松やしめ縄、一年間お世話になったダルマやお札などを集めて回ります。
それを、大人たちが組んだ、竹や松葉、藁、杉板などで組んだやぐらの周りに飾りつけ、火を付けて皆で暖まるという行事です。

正月飾りやお札やダルマなどの縁起物は、まさかゴミに出すわけにもいかず、どんど焼きがあるおかげで処分に助かることも確かですね。

その他、この行事の言い伝えとして、
どんど焼きの燃え残った熾き(おき)で、餅を焼いて食べると、健康で長生きできるとか。
私が子供の頃は、まだ各戸では炭炬燵を使っていたので、どんど焼きの熾き(おき)や灰を持ち帰り、家の炬燵に入れると、家内安全で家族が健康で健やかに過ごせるとか。
また、消し炭を家の屋根に投げ上げると、火事にならないとか。
様々な迷信が、今でも残っています。

20170108_01.jpg
  
20170108_02.jpg

posted by 佐野川 at 12:36| Comment(0) | 日記