2017年01月30日

スキーウェア「Japan Team Jacket」って?

全日本スキーチームのウェアを提供しているオフィシャルサプライヤーは、フェニックス(Phenix)!

→ 【スキーウェア】 おすすめ人気ブランドはどれ?「全日本スキーチーム歴代公式ウェアの変遷」

ところが、ネットショップで検索すると、
「2017年 Japan Team Jacket モデル」としてヒットするのは、
2015-16年シーズンの全日本スキーチームの公式ユニフォームのデザインexclamation&question

宣伝で書かれているテーマやデザインコンセプトも一緒なので、間違いありません!

なお、「2015/2016 PHENIX フェニックス スキーウェア JAPAN TEAM ジャケット PF572OT01」として売られているのも、2014-15年シーズンの公式ユニフォーム。

公式ユニフォームのレプリカのウェアが発売されるのは、1シーズン遅れるってことなんでしょうか?

だとすると、ちょっと残念な気も・・・

でも、考えてみれば、まぁ仕方ないか〜あせあせ(飛び散る汗)
ユニフォーム姿で、『オレは全日本スキーチームの(選手とは言わないが)スタッフだぞ!』と偽って、競技会場に侵入されても困るし・・・パンチ

★PHENIX〔フェニックス スキーウェア〕<2017>Japan Team Jacket PF672OT01 【送料無料】〔z〕

価格:39,900円
(2017/1/30 21:46時点)




PHENIX〔フェニックス スキーウェア〕<2016>Japan Team Jacket PF572OT01 【送料無料】〔z〕

価格:27,300円
(2017/1/30 21:47時点)
感想(1件)



posted by 佐野川 at 21:49| Comment(0) | 日記

2017年01月26日

今朝の最低気温「-17.0度」!?

ヤフーの天気予報によると、今朝の当市の最低気温は、なんと氷点下(マイナス)17度exclamation&question

ひぇぇぇー(長音記号1)

さすがに、何かの間違いでは?
20170126tenki.gif


まぁ、昨日の朝といい、今朝といい、今年一番の冷え込みだったのは確かでしょうが、さすがにマイナス17度というのは無いよな〜あせあせ(飛び散る汗)
ヤフーも、こんな大そうなミスを犯すのか?

と思いきや、まったく可能性がゼロでは無いことを知りました。。。

気象庁のホームページで、長野市の「観測史上1〜10位の値(年間を通じての値)」を調べてみたら、

なんと、過去最低の日最低気温として、1934年1月24日に、-17.0度を記録しています。
今から、83年も前のことですが・・・がく〜(落胆した顔)
posted by 佐野川 at 17:58| Comment(0) | 日記

2017年01月25日

杉花粉、長野県北部で飛散開始した(はず?)

始まりました!、いよいよ「あの季節」がふらふら

そう、くしゃみと鼻水に悩まされる、花粉の時期・・・小雨

20170125kahun.gif 昨夜、急にくしゃみが止まらなくなり、連発していると、鼻血が・・・たらーっ(汗)
喉も痛くなってきました。
でも、私には分かります。これは風邪なんかじゃありません。花粉症の症状ですがく〜(落胆した顔)

20170125yuki.jpg先週から、特に日本海側で記録的な大雪が降り、鳥取などでは道路上で何十台もの車が立ち往生する事態が続発。県知事が、自衛隊に災害派遣を要請したとか。
長野県の北信でも、先々週末と先週末に大雪が降り、辺り一面はまだ雪景色。山の杉の木も、雪に埋もれているはずなのに、花粉が飛ぶのでしょうか?

たぶんですが、私が想像するに、杉の木に積もった雪が、溶け出して落下するときに、枝が大きく揺られ、跳ねますよね!
その時に、雪の下で徐々に成長し始めていた花粉が、一気にまき散らされるのではないでしょうか?

日本気象協会では、昨年中から既に「2017年春の花粉飛散予測」を発表していますが、
2017年1月17日に、その第3報を発表しましたexclamation
今シーズンは、2月上旬に九州北部や中国・四国・東海地方の一部から花粉シーズンがはじまり、3月には各地で飛散のピークを迎える見込みです。
sugikafun_2017.jpg

この先1月下旬から2月にかけて、全国的にほぼ平年並みの気温になる見込みです。
そのため、2017年春のスギ花粉の飛散開始は全国的に例年並み、つまり2月上旬には九州北部・中国・四国・東海地方の一部から花粉シーズンがはじまるでしょう。関東甲信地方では、2月中旬には花粉シーズンへ突入する見込みです。

ただし、スギ花粉は飛散開始と認められる前から、わずかな量が飛びはじめます。
「花粉飛散開始」という言葉を待たずに、花粉対策をはじめる必要があります。2月上旬に飛散開始が予測される地域では、1月のうちから花粉対策を始めるとよさそうです。


おいおい、長野県の飛散開始時期の予報は、2月下旬。
それなのに、一か月近くも前から、花粉は飛び始めてますぞ!
(むしろ、今年は、例年より遅いくらいかと思いますバッド(下向き矢印)
それとも、私の花粉センサーが、狂っているとでも?パンチ

ちなみに、2017年の花粉の飛散数(飛散量)は、東海以西では「多い〜非常に多い」と予想されていますが、
関東甲信は、「やや少ない」予想グッド(上向き矢印)

20170125large.png

花粉飛散数は前年の夏の気象に影響し、前年の夏の「気温が高く」「日照時間が多く」「降水量が少ない」と、スギやヒノキの花芽が多く形成されるため、翌年春の花粉飛散数が多くなります。

2016年の夏は、全国的に気温が高く、日照時間は北海道・北陸・東海・近畿・四国・九州地方のほとんどで多く、特に九州北部では非常に多くなりました。

九州・四国・近畿・東海地方では高温・多照などの花芽が多く形成される気象条件がそろったため、多くの地域で花粉の飛散数は例年を上回り、前シーズンよりも非常に多い予想です。北陸・中国地方では前シーズンより多く、例年並みの飛散数でしょう。

一方、東北・関東甲信地方では、気温は高めだったものの曇りや雨の日も多かったため、飛散数は前シーズンより少なめで、例年よりやや少なくなりそうです。

また、北海道では前線や低気圧、台風の接近や上陸などの影響を受け、降水量が記録的に多かったため、飛散数は前シーズンより少なく、例年に比べて非常に少ない見込みです。



posted by 佐野川 at 06:58| Comment(0) | 日記

2017年01月22日

天皇杯全国男子駅伝、長野県優勝おめでとう!

先週、雪の降る京都で開催された「皇后盃 第35回全国女子駅伝」では、
長野県は惜しくも入賞を逃し、10位に終わりましたが、

今日開催された、「天皇盃 第23回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会」では、
みごと、長野県が、3年ぶり7度目となる優勝を果たしましたー(長音記号2)

ところで、先週の皇后杯の女子駅伝を見ていて気が付いたのが、
サングラスをして走っていた選手は、ゴールする直前に、サングラスを外してゴールすることexclamation

それは、顔を全国にアピールする目的かと思いきや、
応援してくれた人たちや、大会を支えてくれた関係者に、感謝とお礼を示すマナーであることを、初めて知りました。
→ 女子駅伝、ゴール前でサングラスを外すのは何故?

20170122ekiden.gifところがどっこい、今日の男子駅伝では、
先頭でゴールテープを切った長野のアンカー、上野裕一郎(DeNA)は、サングラスを外さずにゴールexclamation&question

私の記憶が確かなら、3位でゴールした愛知のアンカー、神野大地(コニカミノルタ)も、
7位の東京のアンカー、木登志夫(DeNA)も、サングラスを外さずに、着けたままゴールしていました。

女子と男子とで、この違いは何故??

女子マラソン界の方が、マナーに煩いのかな?

posted by 佐野川 at 19:15| Comment(0) | 日記

2017年01月21日

天気予報、どこの予報がよく当たる?

スキーに行くのに、まずインターネットで調べるのが、天気予報晴れ

我家からは車(セダン)
五竜や八方尾根など白馬方面のスキー場も、戸隠や飯綱など北信地域のスキー場も、菅平やパインビークなど東信地域のスキー場に行くにも、距離的・時間的に、似たようなもの。

晴天率晴れの高さで選ぶなら、だんぜん菅平高原など、東信地域のスキー場です。
白馬が吹雪いていたとしても、戸隠は曇り、菅平なら晴れって日が少なくありません。

その代わり、菅平の雪は、白馬や北信の雪に比べると、固くアイスバーンになりやすいのも否めませんがあせあせ(飛び散る汗)
そこで、あまり吹雪かないのであれば白馬方面に行きたいと、天気予報を詳細に調べることになります。。。

しかし、スキー場のピンポイント予報がある天気予報もあれば、白馬村とか長野市戸隠、菅平高原といった、スキー場近くの集落の天気予報を見て、スキー場の様子を判断しなければならない天気予報サイトもあります。
さらに、その予報が、天気予報のサイトによって、違っていたりすると厄介ですふらふら
いったい、どこのネットサイトの天気予報を信じてよいやらexclamation&question

たまたま、昨日もスキーに行きたいと天気予報を調べたのですが、
低気圧が日本海側を通過するため、新潟や長野は晴れマークなのに、東京など関東で雪マークが付くといった、予想の難しい気象条件で、サイトによって、天気予報もまちまち・・・。
tenki.gif


そこで、この予想が難しい日に、どこの3時間ごとの天気予報が一番正確だったか、実際の天気と予報が合っていたか、検証してみることにひらめき

白馬村の天気】(1月20日、朝7時半頃確認した天気予報)
         9時  12時  15時
ヤフー天気     雪  晴れ  晴れ
ウェザーニュース  曇り  雪  雨
tenki.jp  曇り  晴れ  晴れ
goo天気     晴れ  曇り  曇り
Mapion天気  曇り  雪  雨


菅平高原の天気】(1月20日、朝7時半頃確認した天気予報)
         9時  12時  15時
ヤフー天気     曇り  晴れ  晴れ
ウェザーニュース  曇り  雪  雪
tenki.jp  曇り  曇り  晴れ
goo天気     晴れ  曇り  雨
Mapion天気  曇り  雨  雨


さて、実際の天気はどうだったか?と言うと・・・
昨日私は白馬の五竜とおみで滑っていたのですが、

朝、家を出る時は長野市およびその南の地域では快晴晴れで、菅平方面の山も晴れていました。
20170120_09.jpg


峠を越えて大北地域、白馬村に入ると、どんよりとした曇り空曇り
12時前ごろから、小雪雪が舞いだし、
13時ごろには、本格的な大粒の雪雪が降り出しました。
ただし、朝と夕方には晴れ間ものぞいたようです。
20170120_13.jpg


一方、菅平高原の実際の天気はどうだったか?と言うと・・・
午後3時ごろにライブカメラで確認すると、空には晴れ間も見えています晴れ
sugadaira_dabosu.gif


そうすると、いったいどこの天気予報が一番正確だったか?と、各社の天気予報を見比べてみるのですが・・・
どのサイトの予報も、一部当っていたり、一部外れていたりして、一長一短。

したがって、結論は、
どの天気予報も、あまり当てにならないパンチ
というのが、オチでした。。。
posted by 佐野川 at 09:05| Comment(0) | 日記