2016年11月10日

長野県内のスキー場の積雪状況は?

昨日、長野地方気象台では、初雪の観測を発表しました雪

平年より12日早く、昨年より18日早い、初雪。
スキーを楽しむ者としての立場からは、暖冬の去年の反動で、今年は雪に恵まれることを期待しています!
(暮らすには不自由なんですけどねたらーっ(汗)

そこで、現在のスキー場、ゲレンデの積雪状況が気になり、
ライブカメラ、ライブ映像の写真を集めてみました。

まだまだ、今日明日に滑れる状態には無さそうですが、
早いオープンを予定している主だったスキー場では、
・志賀高原のスキー場のオープン予定日は、11月19日(土)
・湯の丸、アサマ2000パーク も、11月19日(土)
・白馬 八方尾根、五竜も、11月19日(土)
が、オープン予定日ですexclamation

あと、10日わーい(嬉しい顔)

北信
竜王スキーパーク
20161110ryuou.jpg


奥志賀高原スキー場(焼額山)
20161110okushiga.jpg


東信
アサマ2000パーク
20161110asama2000.jpg


白馬
八方尾根・兎平(黒菱方面)
20161110happou_shita.jpg


八方尾根・黒菱平より山麓
20161110happou_ue.jpg


中信
車山高原スキー場
20161110kurumayama.jpg


南信
Mt.乗鞍スノーリゾート
20161110norikura.jpg




posted by 佐野川 at 08:06| Comment(0) | 日記

2016年11月09日

長野で初雪 2016

今日、裏山が少し白くなり、麓でも、ほんの一時ですが、小雪が舞いました雪
DSC_0004.jpg


長野地方気象台は、本日の午前7時18分、長野市の同気象台で初雪を観測したと発表。
平年より12日早く、昨年より18日早い、初雪の観測でした!

昨年の初雪の日記は、11月27日。
 → 長野で初雪
『長野地方気象台は、初雪を観測したと発表しました。
 平年より6日遅く、昨年より8日早いということです。』

昨年より、だいぶ早く、平年よりも早い初雪に、今年のスキーシーズンへの期待が高まりますグッド(上向き矢印)

でも、今日の裏山の冠雪状況を、去年の初雪の写真と比べると、
まだだいぶ少ないですね・・・。
雪が積もったというより、木々の葉に、雪が乗っかったというか、霜が多く降りたレベルとも言えなくも無しあせあせ(飛び散る汗)
posted by 佐野川 at 21:39| Comment(0) | 日記

2016年11月03日

烏帽子岳(湯の丸)への登山

この秋は、長雨が終わった後も天気が安定せず、今年は山登りをぜんぜんしていませんバッド(下向き矢印)
冬のスキーに備えて、足腰を鍛えておきたいところ!

そこで、いつもなら平日に行くところ、今日は「文化の日」で祝日ですが、さすがに紅葉も終わって登山客も少ないだろうと、
湯の丸高原にある烏帽子岳(えぼしだけ)へ登ってきました。
top.jpg


人と「烏帽子岳」のことを話をしていると、なぜか話が噛み合わない事が。。。
その理由は、長野県内に烏帽子岳が二つあることでしたあせあせ(飛び散る汗)

ひとつは、北アルプスの烏帽子岳(標高 2,628m)。日本三大急登のひとつで、とても急峻な山。
そんな危険な山に、私が登れるはずもありません・・・。

私が登ったのは、上田市と東御市の境に位置する、標高2,066mで、なだらかな山容の「烏帽子岳」。

2日前に、長野県内の浅間山や四阿山、根子岳が初冠雪を記録し、麓は紅葉真っ盛りですが、
山頂付近では落葉も終盤で、小雪が舞う寒さでした。
そのかわり空気は澄んで、初冠雪したばかりの浅間山や、富士山も拝むことができましたよ。
hujisan.jpg


烏帽子岳への登山口は、湯の丸スキー場のある地蔵峠です。

登りは、地蔵峠にある湯の丸スキー場の駐車場から、湯の丸キャンプ場を抜けて、中分岐、鞍部を経由して烏帽子岳へ。
下りは、中分岐から鐘分岐へ折れ、つつじ平を経由して湯の丸スキー場のリフト下を降りてきました。
登りも下りも、約1時間20分ほどの山行。

登山コースの大半は平坦で、足慣らしにはとてもよい山登りが出来ましたわーい(嬉しい顔)

また、湯の丸へは、
行きは、上田から浅間サンラインを通り、雷電くるみの里付近から湯の丸へ登って行き、
帰りは、反対側の群馬県嬬恋村へ降りて、鳥居峠から真田を抜けて上田を経由。
どちらも、高速を使わず下道で、約1時間半でした。

sancyo1.jpg
posted by 佐野川 at 19:54| Comment(0) | 日記

2016年11月01日

ニンニク栽培

我家で育てているニンニクの種球(種子)は、

以前に人から分けてもらったものを、育てては、その収穫した一部を次の年の種球にして・・・
と、繰り返し育てているので、品種が何かは、さっぱり分かりませんあせあせ(飛び散る汗)

それに、本来であれば、収穫した中から大きな球を、翌年の種に回すべきなのですが、
私は、ついつい、大きな球から食べてしまって、残った小さいのを種に回すので、
ろくすっぽなニンニクになりませんふらふら

それが、昨今の黒にんにく”ブームグッド(上向き矢印)

私も、チャレンジしてみようと、今年はコメリから、「ホワイト六片」の種球を買ってきました!
→ ホームセンターのコメリドットコム

黒にんにくブームの影響で、市場ではニンニク不足に陥っているそうです。
そこで、値段が高いうちにと、
来年のニンニクを栽培をするために保存してある種子まで、商品として出荷してしまい、
種球が品薄状態・・・
さらに、価格も高騰がく〜(落胆した顔)

コメリでは、ホワイト六片が、6〜7球入って、1,980円でしたたらーっ(汗)

高いけど、仕方ありません。
来年は5〜6倍になり、再来年にまた5〜6倍になれば、ひと儲けできるだろう!と、皮算用るんるん

同時に、
我家の何時も育てているニンニクの種のほか、

試しに、
スーパーで買ってきた、中国産のニンニク(3球入って100円しないやつ)も、バラシて植えつけてみましたexclamation

スーパーで売られているニンニクは、芽が出ない様に化学処理されていると聞いたことがあるので、一応、一月くらい前に買ってきたものを使ってみたのですが・・・

な〜んと、ちゃんと芽が出ました!ひらめき
問題は、ちゃんと育つかですが。。。

DSC_0158.jpg


コメリドットコム
posted by 佐野川 at 09:03| Comment(0) | 家庭菜園