2016年08月31日

銅メダリストの奥原・箱山選手に長野県スポーツ特別栄誉賞が授与

リオデジャネイロオリンピックで、
長野県内出身者として初めて夏季オリンピックの個人種目でメダルを獲得した、バドミントン女子シングルスの奥原希望選手(大町市出身)と、
シンクロナイズドスイミングのチームの箱山愛香選手(長野市出身)の2人が揃って、
8月30日に長野県庁を訪れ、阿部知事から県の「スポーツ特別栄誉賞」を授与されました手(チョキ)

続 き を 読 む

posted by 佐野川 at 07:04| Comment(0) | 日記