2015年12月31日

鯉こくの作り方(レシピ) 信州・北信版

 長野県の北信地域にある我が家では、お歳取り(年取り魚)にはブリを焼いて食べ、正月元旦には、慶事の祝膳として長野では恒例の「鯉こく」を食べます。

鯉こくの作り方(レシピ)は、当地でも、それぞれの家によって様々。
まずは、我が家風の、懐かしい味、美味しい鯉こくを作るポイントを、押さえておきましょう。ひらめき

美味しい鯉こくを作るポイント
1 一番大きな違いは、砂糖を入れるのか、入れないかexclamation&question 砂糖を多めに入れて甘く仕上げる家庭もあれば、砂糖をまったく入れず、信州味噌の米麹の甘みとコイの旨味だけで味付けする家庭もあります。

2 次のポイントは、をどれくらい入れるかexclamation&question 日本酒を隠し味程度、臭み取りの調味料として足す家庭もあれば、コイを水ではなく酒で煮たくくらい大量に入れる家庭もあります。鯉こくというより、鯉の旨煮に近いかも。私は鯉こくの汁(スープ?)を飲むのが好きなので、旨煮より鯉こく派ですビール

3 最後の大きなポイントは、コイをどれだけ柔らかく煮るかexclamation&question とろ火で一晩くらい、あるいは圧力鍋を使って、骨まで食べられるくらい柔らかく煮る家庭もあれば、鯉の旨味と味噌の風味を生かして、短時間で仕上げる家庭もあります。

我が家の鯉こくは、甘みのある麹味噌を使う場合、基本、砂糖は入れません。酒は多めに、鯉一匹に日本酒を1合ほど入れます。みりんは使いません。鯉の脂で、十分な照りツヤが出ます。
また、長野県民は、そもそも鯉や鮒、マスなどの川魚が好きなので、川魚の臭いが嫌いという人が居るような家庭のように、魚の臭いを消してしまうネギや生姜などの香味野菜は入れません。もちろん、川魚が苦手という人は、香味野菜は入れた方が良いでしょう。
ただし、大根やゴボウなど、具となるような野菜は入れませんexclamation
野菜を入れると、せっかくの鯉の旨味が行きわたった汁が、他の野菜味で薄まってしまいますバッド(下向き矢印)

また、鯉こくは、残ったカレーと同じく、温め直して翌日食べると、更に美味しくなっています。なので、大量に鯉こくを作る我が家では、最初はあっさりと仕上げ、二日目、三日目と、じっくり煮込んで、徐々に柔らかくなった鯉こくを、数日間楽しみます。

懐かしく美味しい!
鯉こくの作り方

材料
鯉の切り身(一尾): 1.5kg〜2kgくらい
自家製味噌(米麹信州味噌白生): 150g〜200gくらい
水: 7〜8カップ
酒: 180cc(1カップ)
調味料(砂糖やみりん)、野菜(香味野菜、根菜)・・・基本的に不要

作り方
長野県でも佐久鯉は有名ですが、長野県内であれば、佐久まで行かなくても市内に鯉屋が大抵はあります。
近所に鯉店が無くても、長野県では年末になると、スーパーで鯉が一尾単位の切り身で売られています。

まずは近所の鯉店か、スーパーに行って、鯉を丸ごと一尾、買ってきます。
鯉屋では、生簀から好きな大きさの鯉を選び、その場でブツ切りに捌いてもらいます。
生きた鯉を、ウロコとエラをきれいにしてから、腹を捌いて、胆嚢(苦玉とも、有毒)を取り除き、ブツ切りに。1匹で、頭も入れて8切れくらいです。

鯉の値段は、当地だと1kgあたり、ちょうど1千円+消費税です。一匹で、約1,500円〜2,000円くらい。
沢山買えば、年末の売り出しで、お土産がもらえますわーい(嬉しい顔)

DSC00804.jpg1 大鍋に、買ってきた鯉の身を敷き詰め、袋に残った肝(内臓)や血も鍋に入れます。
(臭みや血合いを落とすために、湯通しするなどは言語道断、もっての外ふらふら
鯉の身がひたひたに浸るように、水を入れます。(水7〜8カップくらい)

2 鍋にアクとり紙を浮かべ、強火の火にかけて、丁寧にアクを掬いながら、強火で10分間煮込みます。
アクは、煮立てている間は鍋に付きっきりで、丁寧に取って下さい。美味しく仕上げるポイントです。

3 酒を1カップ(180cc)、自家製の信州味噌(米麹味噌)を、味をみながら溶かし入れます。普段の味噌汁よりは濃い目が美味しいですね黒ハート(麹粒の入っていない市販の濾し味噌を使う場合は、隠し味程度に、砂糖を大さじ1〜2杯入れます。)

その後、弱火にし、蓋をして、1時間煮込んで、出来上がり手(チョキ)

posted by 佐野川 at 08:15| Comment(0) | 日記

2015年12月30日

紙垂(しで)の作り方

正月のしめ飾り(注連縄)に付ける「紙垂」(しで/かみしで)には、その意味するところで三垂(みたれ)や四垂(よたれ)、さらには二垂(ふたたれ)や八垂(やたれ)など、様々な形式や流派があり、飾り付ける物も、その形も、地域や家によって様々です。
また紙垂のことを、単に「垂」(たれ)と呼んだり、四垂の紙垂が多いので「四手」(しで)と記す人もいたりします。

この紙垂、正式にはそれぞれの神社に纏わる流儀に沿って、「奉書紙」を使って作るようですが、何分にも田舎の若造の作る正月飾りですから、そこは半紙で簡単に作れる紙垂の形でご容赦をあせあせ(飛び散る汗)

半紙を使った、簡単な紙垂の作り方

DSC00795.jpg1 半紙を半分に切ります。(長辺を横にして、縦に2等分)



DSC00796.jpg2 半紙の表(ツルツルした方)を表側にして、2等分した半紙を重ね、二つ折りにします。(長編を横にして、横方向に二つ折り)



DSC00797.jpg3 折り目を左側にして、図のように、縦に3本の切り込みを入れます。(普通の半紙のサイズであれば、約12センチの幅になるので、3センチずつ4筋の垂れを作ります)



DSC00798.jpg4 切り込みの長さは、紙の縦の長さの3分の2が目安。



DSC00799.jpg5 切った所を、左側2段目より、手前、手前へと折り返します。



DSC00800.jpg6 はい、2重ねにしてあった半紙をばらして、折り目側の先端を三角に折ったら、一対の紙垂(四垂)の完成です手(チョキ)




posted by 佐野川 at 20:39| Comment(0) | 日記

長野県・北信地域のお正月「松飾り」

正月を迎えるにあたり、松飾りを作って、玄関先に吊るしました。
DSC00801.jpg
なお、正月飾りは、門松用の松を山に採りに行く「松迎え」という行事が行われる12月13日(事始め)から、28日までに飾るのが、よしとされています。
しかし現代は、正月の前にクリスマスという一大イベントがありますので、その前に正月飾りを飾るのは、だいぶ気が引けます。知らない人から見れば、”気が早い”と笑われかねませんたらーっ(汗)

ただし、29日に飾るのは「苦に立つ」と言い、31日に飾るのは「一夜飾り」といって忌み嫌われ、その日に門松などの正月飾りを飾らないこととされています。また、旧暦では12月30日が大晦日だったことから、30日も避ける方が無難とのことですが、そうすると準備が間に合わないのでご容赦をダッシュ(走り出すさま)

ここ、長野県の北信地域で、昔から民家の玄関先に飾る、お正月の松飾りは、家長が手作りした『三段松に棒〆』と相場は決まっていたと思うのですが、今は多くの家が松飾りを手作りせず、既製品を買うようになったため、全国各地の様々な松飾りが飾られるようになり、こうした地域柄や地域の伝統は、薄れつつあります。

お正月に飾る、玄関先の「門松」や「しめ飾り」のことを、総じて「正月飾り」とも呼びますが、それぞれの飾りの持つ意味や形式は、様々です。

そもそも、歳の暮れから正月の松の内に行われる行事は、年の初めにあたって、一年間家を守ってくれる年神(歳神、としがみ)さまを迎えるための儀式です。
そこで、玄関先には「門松」を飾り、神棚には「しめ縄」を飾って、年神さまをお迎えします。

門松(かどまつ)とは、正月に家の門の前などに立てる、松や竹で作られた正月飾りのことですが、地域やその形によって、松飾り、飾り松、立て松とも呼ばれます。
門松は、年神さまが依り憑く「依代」(よりしろ)であり、神さまが降りてくる目印と考えられていました。
ここ、長野県の北信地域では、大きなお屋敷では立派な門松を立てる家もありますが、一般の家庭では、玄関先に、「三段松」と「棒〆」で作った「松飾り」を飾ります。

三段松とは、アカマツの枝葉の先っぽの部分、松の枝の主軸から枝葉が横方向に3段に伸びている部分を切り取ったものです。

また、棒〆(棒締め)は、稲わらの穂先の方を半分ほど綯って(なって)作った、しめ縄のことです。似たようなしめ縄の形に、「ごぼう締め」(牛蒡注連)があります。ゴボウ締めは、ゴボウのように細長く堅くくくった、注連縄(しめなわ)のことです 。
なお、棒〆やごぼう締めと対になるしめ縄の綯い方に、当地での呼び名では「大〆」(大根締め)があります。大〆は両端がつぼまり、棒〆やゴボウ締めは片側のみが細いしめ縄です。

ちなみに、しめ縄(注連縄)とは、そこが神様を祀る神聖な場所であることを示し、現世とを隔てる結界として、不浄なものが入らないようにする魔除けとしての意味があります。



また、しめ飾り(注連飾り)とは、しめ縄に、神様の降臨を表す「紙垂」(しで)、清廉潔白を表す「裏白」(うらじろ)、家系を譲って絶やさず子孫繁栄を願う「譲り葉」、代々栄えるよう願う「橙」(だいだい)など、縁起物の飾りを付けたものを言います。
ところで紙垂(しで/かみしで)には、その意味するところで三垂(みたれ)や四垂(よたれ)、さらには二垂(ふたたれ)や八垂(やたれ)など、様々な形式や流派があり、飾り付ける物も、その形も、地域や家によって様々です。
また紙垂のことを、単に「垂」(たれ)と呼んだり、四垂の紙垂が多いので「四手」(しで)と表記されたりもします。

そして最後に、『正月飾り(門松としめ飾り)は、いつまで飾るのか?』ですが、当地では、「どんど焼き」の日までですexclamation

dondoyaki.gif一般的に、正月飾りを飾るのは「松の内」とされ、関東では七草がゆを食べる1月7日まで、関西では小正月の1月15日までとされていますが、地域によっては二十日正月(1月20日)までという所もあるそうです。
長野県は、文化的にはもちろん関東圏ですが、「どんど焼き」が小正月の1月15日に行われるのが習わしだったので、この日まで正月飾りを出していました。そして、一年の無病息災を祈念して、どんど焼きに、正月飾りや古くなったダルマ、お守りやお札を焚いています。
しかし、以前は1月15日が「成人の日」の祝日と重なっていたのですが、2000年からのハッピーマンデー制度導入に伴い、「成人の日」が1月第2月曜日となったことで、どんど焼きもこの日にやるようになっています。
こうして振り返ると、ハッピーマンデーの導入は、祝日の意義どころか、正月の伝統や習わしまでも変えてしまったのですねバッド(下向き矢印)

あらためて正月飾りのことを整理してみると、いろいろな謂れや土地柄・風習があって、難しいですあせあせ(飛び散る汗)
posted by 佐野川 at 08:25| Comment(0) | 日記

2015年12月29日

【カーボンヒーター】の電気代|ランニングコストは幾ら?

今年の冬は長野でも暖かいので、パソコン部屋では未だにストーブ(石油ファンヒーター)を出さずに、カーボンヒーターのみで過ごせています。

カーボンヒーターは、石油ストーブやファンヒーター、エアコンのように部屋全体を暖めるには向きませんが、それでも数時間も使うと、部屋全体も少しは温まります。
それより、灯油を使うより空気はきれい風の対流を起こさないので埃も舞わない静かで、自分だけ暖まればよい、スポット暖房には最適ですわーい(嬉しい顔)

カーボンヒーターは、机に向かってのパソコン作業や、子どもの勉強部屋、トイレ、ふろ場の脱衣所などで、大変便利で重宝する暖房器具です。

以前は「電気ストーブ」とか、「ハロゲンヒーター」等が使われていましたが、カーボンヒーターの発熱体で使われている植物性炭素繊維の赤外線放射量は、ハロゲンヒーターの約2倍もあります。遠赤外線効果で、ヒーターの明かりが直接当たると、身体の芯まで暖まり、暖まった体は冷えにくいという特徴がありますひらめき
要は、赤外線量から同じ暖まり具合で比較すれば、電気代はハロゲンヒーターの2分の1で済みます。

古い電気ストーブやハロゲンヒーターを使っているなら、最新のカーボンヒーター楽天市場ランキングへの買い替えをおススメしますexclamation

そこで気になるのが、カーボンヒーターの電気代は?

計算してみましたひらめき
→ 「暖房器具のランニングコストを比較、安いのはどれ?

カーボンヒーターの電気代(目安)
1時間あたりの電気代7円15円30円/時間
1日(5時間)あたりの電気代35円75円150円/日
1か月あたりの電気代(5時間/日) 915円  2,250円  4,500円/月 

※ 弱は300W相当、中は600W相当、強は1200W相当を想定。電気量料金の単価は26円/kwhとし、1日あたり5時間、1月は30日として計算。端数は比較しやすい数字に丸めています。

高価格帯のカーボンヒーター(遠赤外線ヒーター)で、今の売れ筋ランキング・トップは、コロナの「コアヒート CH-124R」(実売で 2万円位〜)です。(CH-124RとDH1214Rは、販売ルートによる型番の違いで、機能面では同じです)

この機種の消費電力は、通常モードで1,150W〜330Wです。東京のマンション住まいとかであれば、”弱”でも使えるくらい局所的には暖かさを感じられる暖房器具ですが、さすがに寒冷地では、他の暖房器具と併用しない限り、真冬では”強”で使用することになると思います。したがって、平均的な消費電力量は、この最大消費電力と想定すると、1時間あたりの電力量は1.15kwh、これに電力量料金として26円/kwhを掛けると、1時間あたりの電気代は約29.9円/hとなります。
もちろん、設定を弱にして使用すればするほど、電気代はこれより安く済み、一番弱であれば10円/hほどになります。

一方、低価格のカーボンヒーター(遠赤外線ヒーター)で、今の売れ筋ランキング・トップは、テクノス(千住)の「スリムカーボンヒーター CH-305M」(実売で 3千円位〜)です。
この機種の消費電力は、単純明快の300Wオンリーで、1時間あたりの電力量は0.3kwh、これに電力量料金として26円/kwhを掛けると、1時間あたりの電気代は約7.8円/hとなります。
posted by 佐野川 at 08:44| Comment(0) | 日記

2015年12月28日

長野県−おすすめ初詣スポット|人出ランキング(トップ10)

長野県で初詣(正月三が日)の人出が多い神社・仏閣をランキング(第1位〜第10位)までを調べてみました。
それぞれ、初詣客数や初詣人出予想など、データの出所や年次が違っていたりするので、あまり正確ではありませんが、だいたいの目安とご留意ください。

1位  善光寺(長野市) 約45万人

2位  諏訪大社上社本宮(諏訪市) 約20万人

3位  諏訪大社下社秋宮(下諏訪町) 約15万人

4位  穂高神社(安曇野市) 約8万人

5位  元善光寺(飯田市) 約7万人

6位  武水別神社(千曲市) 約7万人

7位  光前寺(駒ヶ根市) 約6万人

8位  北向観音堂(上田市) 約5万人

9位  四柱神社(松本市) 約4万人

10位  生島足島神社(上田市) 約3万人


posted by 佐野川 at 10:17| Comment(0) | 日記