2015年07月31日

鳥居峠から四阿山の途中まで登ってきました

今日は、長野でも最高気温の予報が36度あせあせ(飛び散る汗)
ただ、雲が多くて、朝のうちはガスが出ました。

ラクビ―やサッカー少年、テニスの少年少女らで溢れかえっている、菅平高原を抜けて、菅平牧場から根子岳を目指そうと出かけたのですが、到着したのは11時近くで、直射日光も強く、このまま登るのは辛いと、思わず気が折れて、高原のドライブに変更バッド(下向き矢印)

峠を抜けて、鳥居峠から鳥居峠林道へ、終点に着いたのは11時半でした。
お日様はちょうど陰り、スギ林一体は比較的涼しかったので、今からでは山頂には行けませんが、とりあえず2040mJP(古永井分岐)の東屋まで周遊してくることにしました。

登りは、「的岩経由コース」を選択。
杉と熊笹の林を抜け、ミズナラの原生林を登ると、とても自然の造形とは思えない的岩が現れます。
それから、見事なコメツガの原生林を登り、樹林帯を抜けると、ようやく2040mJP(古永井分岐)の東屋が見えてきます。ここまで、約70分。

東屋で軽いお昼を食べ、時間が無いのでソクサクと帰り支度。
下りは、「花童子経由コース」です。こちらは、所々に木道も整備され、傾斜も下るに程よいルートでした。
下り時間は45分ほど。

林道終点の駐車場に到着し、帰る前に、とてもよく整備された登山道への感謝として、協力金200円をポストへ投函!。
近いうちに、四阿山(あずまやさん、吾妻山とも)の山頂へ、再チャレンジしたいと思います。
posted by 佐野川 at 20:45| Comment(0) | 日記

2015年07月30日

八方池登山の下調べに黒菱駐車場まで行ってみました

お盆に、八方池までの、トレッキングを計画しています。

多くの人が、「八方アルペンライン」を使って、八方池山荘までゴンドラとリフトを乗り継いで登ると思いますが、そうすると、大人片道で1,550円、往復で2,900円ものリフト料金が掛かります。
山登りに来て、リフト代にお金を出すのは、どうも意に介さず・・・たらーっ(汗)
(冬のスキーであれば、否が応でもリフト代は必要なのですが・・・)

そこで、車で「黒菱林道」を黒菱駐車場まで上り、そこから「黒菱ライン」ルートを歩いて登るか、もしくは片道だけリフトを使えば、だいぶリフト代を安くすることが出来ると考えましたひらめき
黒菱から八方池山荘までは、歩いて登って、約1時間ほどとのことです。(ただし、リフトの下を登るので、そうとうキツイ傾斜になります。)
また、黒菱駐車場から八方池山荘までの2本のリフト代は、大人片道で600円、往復で1,120円です。

そこで今日、実際に車(セダン)黒菱林道を登って、黒菱駐車場まで行ってみました。
八方尾根スキー場の入り口から、ペンション街を抜け、林道に入ります。
林道と言っても、八方尾根スキー場のゲレンデの北端の脇を、うねうねと黒菱ゲレンデまで登っていきます。
ゴンドラやリフトで登って、スキーで滑り降りれば、あっという間の区間ですが、車で登れる傾斜の道となると、右へ左へと、そうとう迂回する必要があります。下から駐車場まで、約25分程かかります。
途中、リフト乗り場や、除雪車などが格納されているであろう車庫の脇、夏の間は牧場になっているので放牧された牛たちの横を通り、牛が道を横切る場所では、大量の巨大なウンチをスラロームで避けながらわーい(嬉しい顔)

雪のある時は、こんな傾斜をスキーで滑っていたのかと、ビックリするほどの急斜面です。それに、基本ゲレンデなので、道の両側に、林道であれば普通はあるはずの、木がありません。そのため、狭い道幅を外れたものなら、真っ逆さまに死への車ダイビングの恐怖が、頭をよぎりますあせあせ(飛び散る汗)
特に、登りの方が、運転席が右側にあるせいか?、上を向くせいなのか?、けっこうビビりました。下りは、ほとんど気にならなかったのですが。

黒菱駐車場は、7月30日、平日(木曜日)の10時半ごろで、7割方埋まっている感じでしたでしょうか。満車までには、まだ20〜30台分くらいは余裕がありそうですが、これだと週末は完全に満車でしょうねexclamation&question

しかし、私的には、ここまで車で来るのだったら、景色を楽しみながら、ゴンドラとリフトで登った方が正解と思ったのが、今日の下見で得られた結論でした。。。
posted by 佐野川 at 20:17| Comment(0) | 日記

2015年07月29日

キャベツの種まき

秋まき用のキャベツの種を撒きました。
今年買った秋キャベツの種は、「金系201号甘藍」。


・秋まきの極早生の主力品種で、草勢強く大球で年内どりとしても品質よく好評です。
・作り易く家庭菜園でも手軽に作れます。
・球は肥大性にすぐれ、尻腐れ少なく尻部の穴あきなく、しまりのよい扁円球となります。
・肉質柔らかく、甘味に富み食味最高です。

【中間地 まきどき】
 (秋まき)6月中旬-7月下旬/9月下旬-10月下旬
【中間地 収穫時期】
  10月上旬-11月下旬


キャベツは同時に作りすぎても、破裂してしまい、食べるのが追い付きません。
出来るだけ大きくなり過ぎず、裂果が遅く、美味しい品種のタネを選びたいです。
posted by 佐野川 at 19:53| Comment(0) | 家庭菜園

2015年07月28日

市の特定健診を受診

今日は、11時から市内にある胃腸科の医院で、市の特定健診を受けてきました。
かかりつけ医ではありませんが、胃がん健診の精密検査をしてもらうため、胃カメラ検査を受けられる医院で、特定健診も受けることにしました。
なお、胃カメラはお盆明けの予約となりました。

診察室で、ちょうど血を抜かれている所に、剣道着を着た高校生くらいの生徒が担ぎ込まれ、慌ててベッドに寝かされ、慌ただしく診察が始まりました・・・。
どうやら、近所の市民体育館で練習中に、熱中症で倒れたようです。

私が中高生の頃は、夏でも部活中は水を飲んではいけない決まりで、先輩や顧問の怒りに触れると、ほっぺたを引っ叩かれたり、尻を蹴り上げられたり、太ももを竹刀でぶたれたりして、それから1時間正座とか、校庭30週ランニングなんて、今にすれば虐待どころか、拷問のような部活動でした。
そんな、部活が、楽しかったはずがありません。。。ちっ(怒った顔)

それでも、当時は「熱中症」なんて言葉も無く(「熱射病」と言っていました)、部活中に熱中症で倒れるなんてことは、滅多に無かったのですが、この30数年間で、だいぶ温暖化が進んだことを、実感させられましたあせあせ(飛び散る汗)
posted by 佐野川 at 19:30| Comment(0) | 日記

2015年07月27日

人参の種まき

明日は、貴重な曇空で、時々雨も降る予報。
前回の雨天の日に蒔いた人参の種は、まだ半分ほどしか芽が出ておらず、毎日の水やりが大変です。
そこで今回は、、人参の種蒔きから、速攻で芽だしを目論みました!。
10日間前後も必至に水やりをすることに比べたら、種まきの時に、ちょっと手間を掛けるくらい、どおってことありませんexclamation

まず、前夜から、人参の種を水に浸けておきます。
翌日は、その水に浸けた容器ごと、朝から、日陰でも明るくて、涼しい場所に置いておきます。

夕方の日が傾く1-2時間ほど前に、キッチンペーパーの上に、種を水から取り出し、少し水気を取って、撒きやすい状態します。

畑の、既に準備してあった畝に、足場板などを使って、タネ蒔きの蒔溝を作ります
その溝に、十分散水をして、土を湿らせます。

その溝に、パラパラと、人参の種を筋蒔きします。
(とは言え、種はまだ湿っていて、なかなかパラパラとは行きませんが・・・たらーっ(汗)

鶏糞を、畝の上の方から風に乗せて、ハラハラと舞い散らせ、タネを蒔いた溝に、うす〜く被せます。
さらに、上の方からパラパラと、うすくもみ殻も撒き散らしておきます。もみ殻を撒くと、乾燥予防と雑草避けになります。

最後に、散水して、後は雨空が少しでも長く続くことを期待するだけです。
さて、いつ発芽するでしょうか?ダッシュ(走り出すさま)

KC4A0406.jpg
posted by 佐野川 at 19:38| Comment(0) | 家庭菜園