2017年02月24日

雨上りの飯綱スキー場がGoodコンディション

長野県北信地域は、昨日の未明から朝にかけて、結構まとまった雨が降りました雨
里も、だいぶ雪解けが進みました。

ただ、昨夜から今朝にかけて、山の上の方は、うっすら白く雪
数センチから、多い所では10cmほどの積雪になったようです。

雨の影響で、ひょっとしたらガビガビの最悪の雪質かもしれないけど、せっかくの降雪後の晴天晴れ
スキーに行くだけ行ってみよう、ダメだったら帰ればいいし・・・

ただ朝の時点で、白馬方面は強雨で、八方尾根はゴンドラも止まっている状態。
飯山や志賀方面は、夕方まで雪の悪天候が残りそう。
菅平や戸隠も風が強そう。

そこで、天気も晴れ予報で、標高が低いのであまり強い風も吹かないし、そこそこ練習するには適度な斜面もありながら、リフト料金がメチャお得な、飯綱スキー場へGO!車(セダン)

目指すは、里谷多英コースですが、そこの第5ペアリフトのスピードが遅いのがイマイチ。
でも、リフトのチケット代は、シニア(50歳以上)の4時間券が1,900円と、破格値手(グー)

ところが、滑り出してみてビックリがく〜(落胆した顔)

しっかり雨が降ったせいか、圧雪車の入らない急斜面も雨で均されて、その上に2〜3センチの新雪が乗って、結構いい状態のバーンに仕上がっています。
時々、ガリ、ボコっと暴れるところもありますが、そこは腕でカバー?あせあせ(飛び散る汗)
昼前には、その固い雪も緩んで、まったく問題なしです。

そのうえ、同時に同じコースを滑っているのは、自分の他に1〜2人という状態で、
コース幅いっぱいに猛スピードでかっとんでも、誰にも迷惑かかりませんexclamation

最初に何本か第1クワッドのBコースで足慣らしをしてから、3時間半ほど、里谷多英コースばかりを、グルグルと滑りまくってきました。
そうなると、逆にリフトが遅いのが、適度なインターバルの休憩になって、シニアには助かりますたらーっ(汗)

20170224iiduna.jpg

posted by 佐野川 at 20:14| Comment(0) | 日記

2017年02月23日

八方尾根スキー場でカモシカに遭遇

一昨昨日から一昨日にかけて、冬の嵐となり、長野県北部の山間部では50cmからの積雪に雪

そこで、一昨日は今シーズン最後のパウダーかな?と期待してスキーに出かける準備をしたものの、天気予報では、白馬方面や飯山など北信地域のスキー場の天気の回復は、夕方以降になる見通し。
八方尾根も、朝方にFacebookで確認すると、リーゼンクワッド小屋から上部のリフトは止まっているとのことあせあせ(飛び散る汗)

天気だけで選べば、菅平かパインビークに行くところですが、せっかくのパウダーの機会なので、もう少し急斜面の多い戸隠スキー場をチョイス。
途中、長野市内では青空も見え隠れし始めていたのに、大座法師池を過ぎたあたりから、強風で積もった雪が巻き上げられ、しばしば道路もホワイトアウトの世界になってしまうほど。
ようやく着いた戸隠も、強風のためほとんどのリフトが停止状態ふらふら

そこで、待つのも面倒なので引き返し、飯綱スキー場で一日、そこそこパウダーを楽しんできました決定

そして一夜明け、昨日晴れ
朝から快晴で、風もほとんどありません。

一昨日は上部のリフトが一日停止していたので、今日は朝からパウダーが楽しめるだろうと、八方尾根スキー場へGO!車(セダン)
駐車場で朝の気温は−5度でしたが、リーゼン小屋の標高まではほぼ無風で、綿シャツ一枚にスキージャケットという服装なのに、暑いくらいたらーっ(汗)

名木山リフトからリーゼンクワッドへと乗り継いで、山頂を目指す途中、
リーゼンスラロームの迂回路と、リーゼンクワッドリフトが交差する辺りの斜面に居たのが、「カモシカ」ですexclamation

晴天の雪景色の白馬の町を見下ろして景色を楽しんでいるのか?、それともリフトに乗った変な動物(人間)を観察しているのか?、ほとんど微動だにせず佇んでいます。

思わず、私は三回もリーゼンを回って、写真をパチリ映画
happoone20170222.jpg


happoone20170222_2.jpg


と言うのも、この日も朝方は、除雪作業で兎平から上のリフトは、しばらく動きませんでした。
10時ごろにアルペンクワッドが、13時ごろにグラートクワッドが動き出し、10〜15分ほど並んで初乗りしましたが、さすがにパウダーというよりは、春の深雪といった感。
人海戦術でリフト下の雪をかき分けていた黒菱のリフトは結局、終日動かず仕舞い。

年明けまでの雪不足で、スタートダッシュが遅れた今年のスキーシーズンも、いよいよ終わりが近づいてきましたもうやだ〜(悲しい顔)

続 き を 読 む

posted by 佐野川 at 09:06| Comment(0) | 日記

2017年02月11日

平成29年 長野県の河川(渓流)解禁日 いよいよ間近!

平成29年(2017年)の、長野県内の河川(渓流)の解禁日が、いよいよ間近となってきました。

千曲川、梓川、梓川、天竜川の本支流の解禁日は、多くが2月16日(木)です。

奈良井川、姫川、木曽川、釜無川、遠山川の本支流の解禁日は、多くが3月1日(水)です。

以下、北信地域のみですが、

1千曲川水系(本流・支流)
南佐久南部漁業協同組合  2月16日(木)午前5時解禁 年券8,400円
佐久漁業協同組合  2月16日(木)午前6時解禁 年券6,500円
上小漁業協同組合  2月16日(木)午前0時解禁 年券6,400円

2犀川水系(本流・支流)
犀川漁業協同組合  2月16日(木)解禁 年券3,300円
北安中部漁業協同組合  2月16日(木)解禁 3,500円
犀川殖産漁業協同組合  2月16日(木)解禁 5,000円

2裾花川水系(本流・支流)
裾花川水系漁業協同組合  3月第2日曜日(3月12日)解禁 4,500円

2姫川水系(本流・支流)
姫川上流漁業協同組合  3月1日(水)解禁 5,000円



posted by 佐野川 at 19:36| Comment(0) | 日記

室温が低すぎます

ただいま、朝の7時。
プリントアウトをしたのに、数分経っても、プリンターがウンともスンともexclamation&question


そこで、プリンターの電源ボタンを押してみたら、
モニター画面に表示されたのは・・・

ひらめき室温が低すぎます

部屋の温度を上げ、しばらく経った後でリトライしてください。


・・・たらーっ(汗)


今朝は、さほど冷え込んだわけではありません。

朝起きて、部屋のストーブを付け、もう20分ほどが経ち、
机の上にある温度計は18度、ファンヒーターの室内温度は7度を示しています。
(ファンヒーターの温度計は、空気の吸い込み口にあるので、室内全体の平均的温度と判断できます)

プリンターに、温度感知の機能が付いていたとは、知りませんでした。。。

ブラザー PRIVIO(プリビオ) DCP-J567N インクジェット複合機 A4対応

価格:8,718円
(2017/2/11 07:09時点)



posted by 佐野川 at 07:10| Comment(0) | 日記

2017年02月04日

味泥スープ?

地元・信州とは全く関係ない話題ですがあせあせ(飛び散る汗)

今日の気になったニュース目


神戸の人気ラーメン店工場で火災
神戸新聞NEXT 2/4(土) 8:54配信

 4日午前4時50分前、神戸市灘区味泥町、「もっこす食品味泥スープ工場」の2階建ての建物から出火。延べ約170平方メートルのうち2階部分約85平方メートルを焼き、南に隣接する「西山広告」の3階建ての建物にも延焼、延べ約225平方メートルのうち2〜3階部分約150平方メートルが燃えた。
   (中略)
 もっこす食品によると、同社は神戸、西宮、明石市で人気のあるラーメン店「もっこす」の11店舗に食材を供給する。同社は出火したスープ工場で一日当たり50リットルタンクで30〜40個程度のラーメン用スープを製造しているという。
   (後略)


どこが気になったって?
「もっこす食品味泥スープ工場」バッド(下向き矢印)

「神戸市灘区味泥町」という地名から、工場の名前を付けたのは分かりますが、
神戸市内に複数の工場があるならいざ知らず、もし一か所なら、「神戸スープ工場」とかでもよいのでは?
もし複数の工場があったとしても、私なら「神戸スープ第一工場」とか「神戸スープ第二工場」とかにしたと思うけど、この命名にどんな意図があったのか、知りたいたらーっ(汗)

ちなみに、味泥町(みどろちょう)と読むらしいです。。。
posted by 佐野川 at 09:41| Comment(0) | 日記

2017年01月30日

スキーウェア「Japan Team Jacket」って?

全日本スキーチームのウェアを提供しているオフィシャルサプライヤーは、フェニックス(Phenix)!

→ 【スキーウェア】 おすすめ人気ブランドはどれ?「全日本スキーチーム歴代公式ウェアの変遷」

ところが、ネットショップで検索すると、
「2017年 Japan Team Jacket モデル」としてヒットするのは、
2015-16年シーズンの全日本スキーチームの公式ユニフォームのデザインexclamation&question

宣伝で書かれているテーマやデザインコンセプトも一緒なので、間違いありません!

なお、「2015/2016 PHENIX フェニックス スキーウェア JAPAN TEAM ジャケット PF572OT01」として売られているのも、2014-15年シーズンの公式ユニフォーム。

公式ユニフォームのレプリカのウェアが発売されるのは、1シーズン遅れるってことなんでしょうか?

だとすると、ちょっと残念な気も・・・

でも、考えてみれば、まぁ仕方ないか〜あせあせ(飛び散る汗)
ユニフォーム姿で、『オレは全日本スキーチームの(選手とは言わないが)スタッフだぞ!』と偽って、競技会場に侵入されても困るし・・・パンチ

★PHENIX〔フェニックス スキーウェア〕<2017>Japan Team Jacket PF672OT01 【送料無料】〔z〕

価格:39,900円
(2017/1/30 21:46時点)




PHENIX〔フェニックス スキーウェア〕<2016>Japan Team Jacket PF572OT01 【送料無料】〔z〕

価格:27,300円
(2017/1/30 21:47時点)
感想(1件)



posted by 佐野川 at 21:49| Comment(0) | 日記

2017年01月26日

今朝の最低気温「-17.0度」!?

ヤフーの天気予報によると、今朝の当市の最低気温は、なんと氷点下(マイナス)17度exclamation&question

ひぇぇぇー(長音記号1)

さすがに、何かの間違いでは?
20170126tenki.gif


まぁ、昨日の朝といい、今朝といい、今年一番の冷え込みだったのは確かでしょうが、さすがにマイナス17度というのは無いよな〜あせあせ(飛び散る汗)
ヤフーも、こんな大そうなミスを犯すのか?

と思いきや、まったく可能性がゼロでは無いことを知りました。。。

気象庁のホームページで、長野市の「観測史上1〜10位の値(年間を通じての値)」を調べてみたら、

なんと、過去最低の日最低気温として、1934年1月24日に、-17.0度を記録しています。
今から、83年も前のことですが・・・がく〜(落胆した顔)
posted by 佐野川 at 17:58| Comment(0) | 日記

2017年01月25日

杉花粉、長野県北部で飛散開始した(はず?)

始まりました!、いよいよ「あの季節」がふらふら

そう、くしゃみと鼻水に悩まされる、花粉の時期・・・小雨

20170125kahun.gif 昨夜、急にくしゃみが止まらなくなり、連発していると、鼻血が・・・たらーっ(汗)
喉も痛くなってきました。
でも、私には分かります。これは風邪なんかじゃありません。花粉症の症状ですがく〜(落胆した顔)

20170125yuki.jpg先週から、特に日本海側で記録的な大雪が降り、鳥取などでは道路上で何十台もの車が立ち往生する事態が続発。県知事が、自衛隊に災害派遣を要請したとか。
長野県の北信でも、先々週末と先週末に大雪が降り、辺り一面はまだ雪景色。山の杉の木も、雪に埋もれているはずなのに、花粉が飛ぶのでしょうか?

たぶんですが、私が想像するに、杉の木に積もった雪が、溶け出して落下するときに、枝が大きく揺られ、跳ねますよね!
その時に、雪の下で徐々に成長し始めていた花粉が、一気にまき散らされるのではないでしょうか?

日本気象協会では、昨年中から既に「2017年春の花粉飛散予測」を発表していますが、
2017年1月17日に、その第3報を発表しましたexclamation
今シーズンは、2月上旬に九州北部や中国・四国・東海地方の一部から花粉シーズンがはじまり、3月には各地で飛散のピークを迎える見込みです。
sugikafun_2017.jpg

この先1月下旬から2月にかけて、全国的にほぼ平年並みの気温になる見込みです。
そのため、2017年春のスギ花粉の飛散開始は全国的に例年並み、つまり2月上旬には九州北部・中国・四国・東海地方の一部から花粉シーズンがはじまるでしょう。関東甲信地方では、2月中旬には花粉シーズンへ突入する見込みです。

ただし、スギ花粉は飛散開始と認められる前から、わずかな量が飛びはじめます。
「花粉飛散開始」という言葉を待たずに、花粉対策をはじめる必要があります。2月上旬に飛散開始が予測される地域では、1月のうちから花粉対策を始めるとよさそうです。


おいおい、長野県の飛散開始時期の予報は、2月下旬。
それなのに、一か月近くも前から、花粉は飛び始めてますぞ!
(むしろ、今年は、例年より遅いくらいかと思いますバッド(下向き矢印)
それとも、私の花粉センサーが、狂っているとでも?パンチ

ちなみに、2017年の花粉の飛散数(飛散量)は、東海以西では「多い〜非常に多い」と予想されていますが、
関東甲信は、「やや少ない」予想グッド(上向き矢印)

20170125large.png

花粉飛散数は前年の夏の気象に影響し、前年の夏の「気温が高く」「日照時間が多く」「降水量が少ない」と、スギやヒノキの花芽が多く形成されるため、翌年春の花粉飛散数が多くなります。

2016年の夏は、全国的に気温が高く、日照時間は北海道・北陸・東海・近畿・四国・九州地方のほとんどで多く、特に九州北部では非常に多くなりました。

九州・四国・近畿・東海地方では高温・多照などの花芽が多く形成される気象条件がそろったため、多くの地域で花粉の飛散数は例年を上回り、前シーズンよりも非常に多い予想です。北陸・中国地方では前シーズンより多く、例年並みの飛散数でしょう。

一方、東北・関東甲信地方では、気温は高めだったものの曇りや雨の日も多かったため、飛散数は前シーズンより少なめで、例年よりやや少なくなりそうです。

また、北海道では前線や低気圧、台風の接近や上陸などの影響を受け、降水量が記録的に多かったため、飛散数は前シーズンより少なく、例年に比べて非常に少ない見込みです。



posted by 佐野川 at 06:58| Comment(0) | 日記